2004年12月29日水曜日

finalventの日記:日本の農村というか地方は、倫理的に荒れている



finalventの日記
日本の農村というか地方は、倫理的に荒れている。その荒れは性的なものにも現れているようだ。
するどい指摘だ。

背景としてなにがあるのだろう。いろんな仮説を立てそれぞれを検討することが必要。こんなことが考えられる:
  1. 経済的に豊かになったけれど、自分でその豊かさを達成したわけではないので、農村のワーク・エシックスが劣化した。
  2. 戦後新民法が公布されて60年。しかし農村では依然として旧民法が支配している。この矛盾が倫理観を崩壊させた。
  3. 引きこもりをするだけの物質的・物理的スペースに恵まれている。
  4. 旧社会の重圧が重く若者にのしかかってきており、若者が屈折してしまう。
  5. 刺激的な遊び場が少ないので、どうしても欲望が内にこもる。

その他にもいろいろ考えられるのではないか。やっぱり若者は地方に引きこもらないで新宿に出てこようよ。自由が得られるよ。

2004年12月17日金曜日

Audi A4 Cabriolet にどうやってチェーンを付けるか



Audi の説明書では A4 Cabriolet にはチェーン装着不可となっている。17インチホイールに235ミリのラジアルタイヤを装着しておりサスペンションとのクリアランスが極端に狭いためだ。でもスタッドレスタイヤだけではどうしても不安が残る。ヤナセ担当者を叱咤激励してようやく便法が見つかった。本邦初公開のノウハウを惜しげもなくご披露する。

車が新しくなったので最近遠出することが多い。日本は狭い国なのでちょと行くともう山。山には雪が降る。冬の準備としてスタッドレスに履き替えると同時に万が一の保険のためにチェーンを用意することとした。でもこれは出来ないという。アウディ・ジャパンの公式見解は「A4 Cabriolet はチェーン装着不可」というもので異論はがんとして受け付けない。北海道でもチェーンはしていないという。でもやっぱりチェーンはほしい。ヤナセに協力して貰って便法を見つけた。
  1. Audi A4 Cabriolet の標準タイヤは 235/45R17 だがこれを 205/55R16 に替える(BRIDGESTONE REVO1 スタッドレス)。タイヤ外径の変化は2%以内でありスピード計には影響しない。これでクリアランスが1センチほど余分に増える。
  2. その狭い幅に入るチェーンを探す。Terzo 9mm 金属チェーン (KLACK&GO9 VK9) がギリギリに入ることがわかった。このチェーンは非常にコンパクトでトランクのスペースを取らない。装着も簡単。ケースがスクレーパーとシャベルとしても使えるようになっている。以上

これで何処にでも行けることになった。いつ雪が降ってももう安心だ。

2004年12月14日火曜日

「農業問題に国民がもっと関心を持つべきだ。さもないと自民党と農協、農水省の狭い世界だけで議論が進められる」(山下一仁)



農業問題についてちょっとでもまともな疑問を書こうものなら、たちどころに「農村オ タク」たちの集中的な個人中傷攻撃を受けるのが日本の現実。こういうことについては日本には「言論の自由」がないようである。散人も別に正義のために自分 を犠牲にしようという高尚な志はないので、最近は農村オタクたちの攻撃を避けるために、農業・漁業問題については口を閉ざすことにしていた(犠牲になるの は散人以外の一般国民であるのでわざわざ口を出すことでもないと思って)。でも今日、さるブログの読者から、どうして最近農業問題について口を閉ざすよう になったのかとのお叱りを受けた。散人には日本国民のためにというような高尚な志はないにしても、このままではあわれな一般国民はいよいよ彼ら「農村オタ ク」達の食い物になるだけのようなので、少しは事実関係だけでも紹介することにする。

12月12日の日経新聞で農政改革についてのとてもいい解説記事が出ていた。全般的 に「またしても彼ら(農民)にやられてしまった」というトーンで書かれているが、日本国民にとってはとても大きな敗北が現実のものとなりつつある。日本の 改革はこれで十年先送りされたことは事実。ツケを払うのは都市住民。

概略(部分抽出で)紹介する:
  1. 担 い手は補助金:国内の農業は国策として戦後長い間、手厚く保護されてきました、農家には補助金が支給されてきました。このままでは国内農業は衰退しかねま せん。今回の改革の焦点は農地の効率的な利用を促進することです。でも農業制度については企業による農地取得の解禁は今回も見送られることで決着する見通 しです。
  2. 衰退に歯止めを:農政改革が急務なのは、高い関税で守り消費者に負担を強いているにもかかわらず、農業の衰退に歯止めがかからないからです。農産物を作っていない土地と耕作を放棄している土地を合わせると栃木県と群馬県に匹敵する土地が余っていることになります。
  3. 線引きをめぐり対立:国はこれまで農家全体の8割を占める兼業農家にも補助金を出してきました。これを改めようというのは見直しの焦点ですが、農 家の規模の線引きをめぐって関係者の意見が対立しています。線引きを曖昧にしてしまうと支援対象が際限なく広がる可能性もあります。でも(農業団体の反対 のために)コメは対象外となりました。
  4. 経済産業研究所山下一仁氏:農政改革は国民がもっと関心を持つことが重要です。自分たちは関係がないと思ってしまうと、自民党の一部と農協、農水省の三者という狭い世界だけで議論が進められてしまいます。

一 般国民は「自分たちは関係ない」と無関心を決め込むことで「自分達が「農村オタク」達にぼられることになる、余分なコストを支払わされているのだ、そのお かげで都市住民は搾取され農村は不労所得を得ている、こういうしっかりした現実認識を都市住民が持つことが重要なのですが、まだまだ都市住民の意識は、彼 らの宣伝に騙されているのか、低いようです。このままでは日本国の民主主義は一向に 発展しない。目覚めよ、都市住民。ナイーブさを捨てよう。搾取される のはやめよう。農村の宣伝にだまされるのはやめ、日本の将来のために何が重要なのか真剣に考えよう!

2004年12月2日木曜日

Audi A4 Cabriolet ロードテスト



先週からアウディ・カブリオレで長距離を二本ほどぶっ飛ばしたり山の中のオフロードみたいなのも試して遊んでいる。

感想二三:
  1. とにかく速い! 高速では驚異的。知らないうちにトンでもないスピードに上がってしまう。100キロを超えるあたりから特にすごい。アウディ社の社長はスピード狂と言うことだが、納得。最高時速は210キロだが、これはカタログ性能だけじゃないと実感(もちろん試さなかったが)。どんな車にもまず負けない。
  2. 屋根を下ろして高速を走ると結構風の吹き込みがきつい。その点はローバーの方がよかった(ローバーはボディーの補強用と乗員保護をかねてフレームバーが一本入っているのでこれがウインドブレーカーの役割を果たしていたようだ)。高速をオープンで走るときは付属のウインドブレーカーを取り付けることをおすすめ。これでほとんど風は吹き込まなくなるので、ほとんどセダンと変わらなくなる。後部座席に書類を裸で置いておいても飛ぶことはない。
  3. 停止時、低速からの加速はちょっとのんびりしている。アウディのマルチトロニックという無段階変速を採用しているためだ。急発進するためにはアクセルをかなり踏み込むか、マニュアルモードにする(無段階変速のくせにマニュアルシフトが出来る。5000回転あたりまで一速で無理なく音もなく一気に引っ張れる。そうすると座席の背もたれに身体が押しつけられる加速感を味わうことが出来る。これは楽しい)。
  4. ハンドルの切れはとてもよい。目一杯ハンドルを切って回転させてもその後の揺れ戻しがなくぴたっと狙った位置で止まる。FFならではの直進性にすぐれているが、同時にガッガッと車線変更も出来る。地面に吸い付くような走行性。いいですよ。
  5. 急傾斜の坂道(8%程度?)を低速で登るのは苦手のようだ(マルチトロニックのせい)。ふわふわしか感じで登る。ドイツにはへんな坂道はないのだろう。また砂利道の急傾斜でみごと前輪を空回りさせてしまった。オフロードには不向きかな。
  6. 灰皿の気密性が悪い。デザインは良いのだがリビングに置いてある灰皿という感じ。消さないで吸い殻を放り込んでフタをしても消えない。おまけにすぐにいっぱいになる。シガレットライターの一がヘンなところにあって(サイドブレーキの後ろ)不便。ドイツじゃスモーカーは冷遇されているのだ。
  7. 後部座席の背もたれがやや直立している。4人で乗るにはローバーの方が良いぐらい。トップをトランクに収納しなおかつトランクスペースを十分確保しているので、その分後部座席にしわ寄せが來ている。でも一二時間であれば、十分辛抱できる広さ。ソアラのペットしか坐れない後部座席より数段上。
  8. トップがトランクにはいるので、後部視界は最高によい。バックミラーとサイドミラーだけで死角はほぼゼロ。安全運転が可能。前方の視界はフロントウインドウ幅が狭いのだが、これが逆にかえってよい。注意を前方に集中させることができるしサイドバーを車幅位置の確認にも使える。
  9. 電動トップの格納に30秒かかる。ローバーは20秒だった。トランクに格納する作業が余分になっているからだが、交差点で信号待ちの間にトップの上げ下ろしはちょっと無理。
  10. 空調はトップの開閉状態にあわせて自動調節。これはとても快適。
  11. 前後左右のAPS(音波距離探知計)は始めて使ったが、結構便利。
  12. サイドが乗員の安全を考えて高くなっている。最近の車は皆こんな感じだが、片肘をサイドウインドウにかけてだらしない運転をすることができなくなった。これちょっと不満。
  13. カーナビについては既に書いたとおり、頭が良い。おまけにちゃんとコンソールに埋め込み式になっているので、不細工じゃない(サーブの場合は外付け取り付けとなっている。カッコワルイ)。

以上が素人の感想。プロのロードテスト・レポートには次のようなものがあるのでご参考まで。アメリカのモーター誌でもメルセデスやサーブより良いと絶賛されている(アメリカで売られているアウディはちょっとパワーがあるタイプだが)。

Road Test: Mercedes-Benz CLK320 vs. Audi A4 3.0 CVT vs. Saab 9-3 Arc 

アウディに乗る人がもっと増えればいいね。都市部では貴婦人、高速道路では化けの皮を剥がしたサラブレッド。圧倒的におすすめできる車。

Posted: Thu - December 2, 2004 at 05:23 PM   Letter from Yochomachi   Cabriolet   Previous   Next  Comments (3)  

2004年11月23日火曜日

ローバー、さようなら! 長い間ありがとう、大好きだったよ



英国で唯一残っていた量産車メーカー名門ローバーが中国企業の傘下に入ることとなった(ここ)。奇しくも今日、この十年愛用していた散人のローバー・カブリオレが家を去っていった。ちょっと感傷的になった。

ローバーの歴史は英国における「南北問題」の歴史でもある。だいたいいい車は昔は全部英国で作られたものだったが、自動車メーカーは軒並み駄目になってしまった。ローバーにしてもホンダとの提携に活路を見いだそうとしたが、結局BMWに買収され、そのBMWからも見捨てられ、無手勝流で最後の踏ん張りを見せたが、ついに息が切れてしまった。英国ポンドが高すぎるためだ。

ポンドが高いのは、その方がシティー(金融業界)の利益に沿っているからだ。戦後英国の経済史は南部のシティー(ロンドン)の金融業と北部の製造業の利害対立の歴史でもある。産業界は安いポンドを求めたが、シティーは高いポンドを一貫して指向。結局英国政府はシティー(南部)を選び製造業(北部)を見捨てたのである。

散人のカブリオレはローバーがホンダと提携していた時代に設計製造された逸品である。エンジンなどの主要部分はホンダが製造し、内装トップなどは英国で仕上げた分業製作。デザインとコンセプトは日英共同開発であるコンチェルトという車がベースとなったと聞いている(この車は日本ではまったく売れなかったが徳大寺氏は高く評価していた)。パワーがあるホンダのエンジンは信頼性があり、何と言っても内装の英国調がとてもよかった。どんなに気分が落ち込んだときも電動トップを下ろして外気と一体になって走るといっぺんに元気になったものだ。

今回これを手放すことにしたのは(息子にやる)、散人の年齢のおかげ。ホイールベースの短いローバーでは長距離がどうしても疲れるようになってしまったからだ。寄る年波には勝てない。英国ローバーが元気の良い中国企業の傘下に入るように、散人のローバーも若者に面倒見てもらった方がよいのであろうと思う。

2004年11月15日月曜日

日経:眠る輸入米の行方……農水省がやっているこの税金の無駄使い



讃岐うどん用の小麦はオーストラリア産小麦の方が品質がいいという話は既に書いた(ここ)。 お米はどうなんだろう。海外で食べたカリフォルニア米はなかなかのものだったし、最近は日本市場用に品種改良され、一度食べたら日本の標準米なんか食べら れないという話も聞く。食べ比べてみたいのだが、どこにも売っていない。なぜだ。今朝の日経新聞にそのからくりが書いてあった。

以下要点:
  1. 国内の流通するコメのうち、最大の産地は、新潟でも北海道でもない。海外だ。量的に北海道や新潟をはるかにしのぐ。ウルグアイラウンド合意に基づきミニマムアクセスとして年間77万トン輸入されているからだ。
  2. でも主食用にはほとんどで回らない。国内農家への影響を抑えるためだ。
  3. 主食用は売買同時入札方式で輸入されるが(この仕組みの説明は省く)、農水省は非公表の「予定価格」を決めており、この予定価格が「国産米に配慮 して高く設定されている」というのが関係者の見方。だから「はじめから勝負にならない」ので輸入米は輸入されても売れ残ってしまう。
  4. 売れ残った輸入米は倉庫で保管する。最後には援助用として輸出する。
  5. 輸入米の費用は食糧管理特別会計から出す。買い入れ額は350億円(2002年度)、在庫管理だけで年間100億円以上かかる。輸出にかかる経費も最近6年間で514億円の税金を投入。
  6. 何とか有効に輸入米を使えないか加工用に検討されているが、一番の需要家清酒メーカーは「輸入米でも良い酒が出来ることは承知しているが、消費者 イメージが大切」と慎重。また某清酒メーカーの社長は「外国産米を使って目立った動きをすると地元の反発が怖い」と漏らす。実際、外国産米を使ったメー カーの酒が農家や酒販店の反発を買い、不買運動に発展した例があるという。
  7. こうして各地の倉庫は輸入米で埋め尽くされて行く。

やっぱり日本の農業と農政が日本経済のガンだな。

Posted: Mon - November 15, 2004 at 11:00 AM   Letter from Yochomachi   農業問題  Previous   Next   Comments (17)  

2004年10月11日月曜日

東京12ch「農地は誰のものか?」……いい線までいってたんだけど、つっこみが足らない



昨日の東京12ch「農地は誰のものか?」番組。高木美保なんかがでていて、耕作地 放棄の問題とそれを耕そうとする都市住民の挫折の物語の取材。農地(日本の国土)は特定利権集団の専有物となっているのだ。でもテレビ東京が定年後の農業 に焦点を当てていたのは、問題の本質をぼかしていたと思う。趣味的農業への新規参入が同じく趣味的農業であるなら、なんの意味もない。

日本の耕作放棄の農地は全国で膨大な面積。食糧自給率が低下しているから日本の農業 を保護しなくてはならないと農業団体は主張するが、貴重な農地を「儲からない」とか「体力的に追いつかない」とかで放置している農民に第一義的な責任があ る。どうして放棄農地を第三者に賃貸(もしくは譲渡)しないのだと聞かれて、放棄農家の主人は「そう簡単に人の手に渡すわけにはいかない、敵対問題であ る、ワシの作ったもんが売れなくなる」とエゴイズムの言いたい放題。

中 高年の三人が定年後農業をやりたいとして千葉県に農地を探す。適当な農地が2000万円程度で見つかり、定年退職者は絶対買いたいというが、不動産屋はそ れは不可能だという。農地を買える資格は現在農業をしている人に限られるからだ。ましてや企業の農地取得は完全に禁止されている。

農外関係者は農地は「買いたいけど買えない」状況、一方で「売りたいけど売れない」農家もいる。現在の農地法は完全に時代遅れである。

で も散人はこの番組には非常に不満足であった。定年退職者が自己実現のために農業をやるというのは、余りにも現在の日本の農業が安易で楽であるから、年寄り でも無理なくやれると判断しているためだ。それを承知しているからこそ、農業団体は楽な仕事は自分たちだけの専有物としようとしている。トンでもないこと だ。農業をやる以上は、都会のサラリーマンと同じように生きるか死ぬかの覚悟でやるべきだ。甘すぎるのである。

現 在の日本農業は、現在の状態であれば、定年退職者とかフリーターとか、はっきり言って死ぬ気で勝負する覚悟がない人が、これなら自分でも出来ると思って参 入しようと考えるような代物なのである。趣味的農業、園芸農業そのもの。だから第三者には解放しない。余りにも安易である利権的職業であるからだ。

農 水省は年末の農地法改正に、一般都市住民への小規模農地については農地取得を認める方向で改正原案を作るという。トンでもない見当違いだ。サラリーマンの 定年退職者が農業に参入しても、日本の農業の国際競争力は一切向上しない。これは農水族が自分のシンパを増やそうとして(あるいは農地の販売を容易にして 農家の不労所得を増やそうとしての)政治的に持ちだしたものにすぎず、日本の農業の根本的問題である劣悪な生産性の改善には何らつながらないものである。

日 本の農家は、戦後の農地解放で「耕すもののために」という名目で、ただで手に入れた農地を、高価格で販売することで、多大の不労所得を得てきた。そのこと によって彼等は日本の新たな資産家階層を形成しつつある(武田泰淳夫人の『富士日記』をみよ。土地成金となった農民たちは「一億なんかはカネとは言えな い」と豪語していることが、昭和30年代に既に武田百合子によって記述されている)。それは都市住民の犠牲の上でのことだ。かれらがまっとうな資本家にな ればまだよかったが、自分の資産は農協と郵便局に預けるだけという、日本経済には何ら貢献しない非生産的資本家に留まっている。

このような、いかさまの農地法の改正では、日本の将来はただひたすらに愚民政治と愚民資本主義に陥る以外無い。

2004年9月30日木曜日

旧HP「農業問題」投稿一覧

さて、これらをどうするかだな: