2004年4月30日金曜日

〔再録〕永井荷風の終焉の家の今、門だけは当時のまま


永井荷風の終焉の家の今、門だけは当時のまま



昭和34年4月30日未明、永 井荷風が亡くなる。大正7年から延々と書き続けてきた日記『断腸亭日乗』の最後の記載は:
四月二十九日。祭日。陰。
というもの。これを書いて、あとしばらくして食べたものを吐いて窒息死した。胃潰瘍だった。翌朝やって来た家政婦が遺体を発見。


その後の展開は有名なものだ。 佐藤春夫が葬式の様を詳しく書いているし、半藤一利も目撃談を詳しく週刊文春の記事に書いた。永井荷風のような大作家が、ひとりで誰にも看取られず、犬猫 のように陋屋で死んでしまったと言うことで、社会に大ショックを与えた。何という惨めな死に方だ、というのだ。

当時の社会風土からすればそういうことかも知れない が、平成の世になってみれば、誰の迷惑もかけず、ひとりで最後まで生きて死んだ、何かまるで大往生のように見えるから、世の中たしかに変わった。もう二十 年もするとこういう最期が一番望ましいと、誰もが考えるようになるのではないか。老人介護や介護保険の在り方も、あまり現在の考え方を基準にして設計しな い方がいいのかも知れない。誰もがグループホームみたいなところで和気あいあいとするのを望むとは限らないのである。

ところで荷風の終焉の家だが、いま荷風の養子さんが住 んでおられるが、また改築されたようで外観がかなり変わった。でも門だけは昔通り残っている。荷風は毎日引き開けた門である。先月市川に行った際に写真を 撮ってきたのでご紹介:


Posted: Fri - April 30, 2004 at 06:42 PM   Letter from Yochomachi   永井荷風       Comments (15)

2004年4月25日日曜日

なぞなぞ:「観光」という言葉の本来の意味は?


「観光立国」といっても内閣があんなじゃ誰も来ないよ


日経新聞はいろいろ勉強になる。京都国立博物館長の興膳宏氏がこういうことを書いておられる:
「観光」の語は、『易経』に始めて見える。「国の光を観る。用て王に賓たるに利あり」とあるのがそれである。「国の光を観る」とは、国の盛んな繁栄の様を観察するということ。そうした輝かしさにあこがれて、多くの人々が国王の賓客になろうとする。
小泉内閣が「観光立国」をいうなら、この言葉の意味を噛みしめるべきだ。

たしかに興膳氏のおっしゃるとおりだ。人は外国に「偉大なもの」を見に行くのである。エジプトに行くのも偉大なエジプト文明に接したいためだし、ローマだってそうだ。ニューヨークに行く人はエンパイヤステートビルディングや多くの美術館にアメリカ文明の偉大さを実感するのである。万里の長城や凱旋門もそう。もちろん「偉大な風景」も観光の対象となる。結局「あの国はすごいな」ということで観光に行くのである。

興膳氏は次のような強烈な皮肉をいわれている:
小泉首相は新年の施政方針演説で、外国人を対象とした「観光立国」の政策を推進すると述べた。それはよいが、そのためには国が応援団ではなく、当事者であるとの立場をよほど自覚してもらう必要がある。

強者の顔色をうかがうばかりで主体性のない追従外交に終始したり、官邸が音頭をとって弱者に対する集団リンチを扇動したり、閣僚が国民の義務である年金を払っていなかったり、この国の「国の光」は無きに等しい。もう誰も来ないのではないか。

あと一つ。前から言っているのだが、市街地の電柱・電線と看板を何とかする必要がある。イラクですらあんな醜い都市景観ではない。

2004年4月6日火曜日

「関西人には出っ歯が多い」(竹内久美子)



週刊文春(2004.4.8)「ズバリ、お答えしましょう」での竹内発言。問題発言ですな〜。でも彼女が言うと妙に説得力があって、納得してしまいます。ほんとでしょうか。

竹内久美子によると歯並びの悪さは歯と歯茎、あるいは顎との関係がうまく行っていな いためで、日本列島に最初にやってきた古モンゴロイドと後からやって来たシベリアでの寒地適応をとげた大きな歯を持つ新モンゴロイドが混血の結果、大きな 歯が小さな顎に生えるケースが出てきたのだという。それが出っ歯。関西は渡来人(新モンゴロイド)が多いので、それだけ混血が多く、歯並びが悪いという。

数字もあげており、出っ歯の比率はコーカソイドやニグロイドで2〜3%、日本人の場合6〜13%という。欧米人は歯の矯正をするから歯並びが良いのだとする説に対しては下記の通り反論する:
日本人は歯並びが悪くて当たり前なので、あまり矯正はしない。片や欧米人は歯並びがよくて当然なので、ちょっとでも悪いとしっかり矯正する……。
「西は西、東は東……」ですな〜。そういえば、日本では八重歯の方がカワイイとか言う人も多い。なにせ新旧モンゴロイドのミックスは日本列島でしか起こらなかったのだから……、由緒正しいのである。関西人も由緒正しいのだぞ。