2007年3月27日火曜日

人生(マネー)の修業には、まずバルザックを読むこと



この三日、バルザックの『従兄ポンス』と付き合っていた。最近目が薄くなり速読が出来ないので精読。恥ずかしながら未見の本だったが、すごく楽しめたと同時に、とても参考になった。もっと前に読んでおけばよかった。

鹿島茂編『バルザック「人間喜劇」セレクション』からの一冊:
従兄ポンス—収集家の悲劇
従兄ポンス—収集家の悲劇オノレ・ド・バルザック Honor´e De Balzac 柏木 隆雄

藤原書店 1999-09
売り上げランキング : 684409


Amazonで詳しく見る
 by G-Tools

非常に中身が濃い。普通の小説だったら10冊分ぐらいの中身(ネタ)がある。美術品のコレクションの詳細テクニック、ブルジョワ金儲け風俗から、娘の持参金の相場と決め方、芸術家「業界」の内輪の事情、遺産相続をめぐるカラクリと弁護士を使ってのケンカのやり方、葬式業界のボリ方などなど、現代日本においてもとても勉強になる(日本の法制度は、ボアソナートの影響でフランスからの直輸入の法律が多いから)。たくさんの登場人物がでてくるが、ごく普通の善人も自分のささやかな野心がからむととんでもない悪党に変身する。戦いのすべを知らないナイーブな人間は、まるで赤子の手を捻るがごとく、ごく合法的にむしり取られてしまう。こりゃ『ナニワの金融道』の19世紀フランス版だ。

この本に出てくる唯一の善人は、ポンスの親友で音楽家のドイツ人だ。天使のように純粋で、ナイーブ。おかげで惨めなことになるのだが、経済主義が風靡する19世紀のフランス人にとってドイツ人とは、純粋でナイーブ、子供のような純粋の心を持った人間であると認識されていることが興味深い。現代のニッポン人も、国際社会から同じような目でみられているのかも知れない。(最近のBBSの調査では日本人とカナダ人が世界で一番憎まれていないとのこと。無害で御しやすいとみられているのであれば、あまり喜んでばかりはおられない)

日本人はもっとバルザックを読んで、みんなすれっからしになろう。

PS)お金の額が重要な意味を持つので、下記の換算表でもって現在日本円に換算しながら読むこと。でないとわからない。
  1. 1フラン  = 1000円
  2. 1エキュ  = 3000円
  3. 1ルイ    = 2万円
  4. 1スー    = 50円

蛇足)消費者が自分の利害を把握できず、松岡利勝「光熱水費」農水相なんかの農村利権集団にいいように牛耳られておるようでは、国際社会から馬鹿にされるわな〜。

2007年3月22日木曜日

「お弁当」にこだわる専業主婦のオブセッション


Japan Times : 「お弁当」にこだわる専業主婦のオブセッション


この記事に驚倒:
Mothers turning 'bento' into high art | The Japan Times Online: "Beyond just nutrition, boxed-lunch creativity becoming source of pride"
一日数時間掛けて6歳の娘の弁当を「芸術的」にこしらえるのだと。

写真もあった。この主婦が先週つくった「モーツアルト弁当」:

 





主婦の間では「弁当造り」の競争もあるらしい。ネットで見せっこもしているとのこと。専業主婦はとても暇なのでこんなことにエネルギーを費やしているのだそうだ。

予想される読者感想を二三(あなたの感想はこのうちどれ?):
  1. 素晴らしい、私もやってみたい。
  2. 私のお弁当は恥ずかしい、きっと子供が肩身の狭い思いをしているだろう、頑張らなくっちゃ。
  3. 弁当は栄養のバランスの方が大切だと思うけれど……。
  4. そんな暇があるなら、社会に出て仕事をしろ!
  5. そんな暇があるなら、子供の勉強を見てやれ!
  6. 自己満足じゃないの?
  7. こんな弁当を持っていったら、子供がいじめられないかしら?

ニッポン社会は、病んでいるのだろうか?


2007年3月16日金曜日

落語「酢豆腐」に学ぶ人生訓



ホリエモンに実刑判決。同情すべき点も多いが、所詮、実質価値以上の不当な値段で株を投資家に売りつけるいかさま商法を推し進めたことについては、被害者が馬鹿であるという以上に、商売のやり方としてホリエモンに非があった。司法当局の嫉妬に基ずく嫌味な正義感は別にして、この判決は順当なところであったと思う。ところで今晩の日経「古典落語から投資を学ぶ」コラムに落語の「酢豆腐」が出てきた。あはは、同感。投資家に限らず、だまされてひどい目にあう消費者がニッポンには多いのだ。

落語の「酢豆腐」のあらすじについてはここ。知ったかぶりをして通人ぶるアホダンナに腐った豆腐を食わせてひどい目に合わせるお話しだが、こういうダンナが現代日本にも多いのである。

先日テレビで見たが、銘柄もののお米を、漬け物と質素なおかずだけで食わせて、大枚4000円を請求するレストランがあるという。お客は有り難がって4000円の「粗食」を押し頂いている。アホそのもの。「酢豆腐」の通人ぶるダンナと同じである。関サバとか大間マグロに大枚を払う自称「食通」も同じことで、アホだ。

考えるに、食い物に対する支出とは、どんなに張り込んだところで、所詮大した金額ではない。これが自称「オイシンボ半可通」が蔓延る理由であろうが、一旦ライフスタイルとして定着すると生涯支出ではたいへんな無駄な金額となる。さらに、こういう支出に見得をはっている人間は、単にぼられているだけなので、とてもカッコワルイ。この程度のことがニッポン文化だなどといっているかぎり、日本文化は所詮「低級文化」に留まる。

お金を出す以上、そのお金の値打ち以上のものにはびた一文も払わないとする考え方、これこそが投資と生活の「基本中の基本」。これが判らない人は、最後まで人生の「負け組」のまま。「農村ブランドぶったくり商法」に乗せられて○○野菜とやらに大枚を払っているかぎり、貴方も確実にそうなるのである。

2007年3月9日金曜日

「ジャン・ボードリヤールの消費社会への批判を読み“無印良品”をつくった」(堤清二)



今日の日経「文化往来」。先日77歳でなくなったボードリヤールについての記事の中から見つけた。そうだったのか。

いろいろメモ:
  1. ボードリヤールは商品は利用価値だけで用いられるのではなく、社会的権威や幸福感といった他者との差異を示す「記号」としての役割を持っていると説いた(『消費社会の神話と構造』)
  2. 差別化したいという「欲望」に基づく消費は際限がなくなる。
  3. 堤清二はこれを読んで、ブランド品と言うだけで価値が上がる状況に疑問を覚え「無印良品」をつくった。
消費社会の神話と構造 普及版
消費社会の神話と構造 普及版ジャン ボードリヤール Jean Baudrillard 今村 仁司

紀伊國屋書店 1995-02
売り上げランキング : 207

おすすめ平均 star
starポストモダニズムの旗手による消費社会論
star現代日本にもあてはまる洞察

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools

堤清二は偉かったので敢えて反対のことをしたが、大半の商売人はこの本を読んで「そうだったのか!」とこの消費者の性行につけ込んで儲けようと企てることになる(ブランド商法)。実際「過去数百年間になされた生産性の上昇分のほとんどが衒示的消費に回され、労働時間の短縮にはつながらなかった」とヴェブレンも指摘している。つまり、人類はせっかくの生産性上昇分を享受できていないのである。いまだにそう。
有閑階級の理論
有閑階級の理論T. ヴェブレン Thorstein Veblen 小原 敬士

岩波書店 1961-05
売り上げランキング : 258497

おすすめ平均 star
starヴェブレンって?
star必読の書

Amazonで詳しく見る
 by G-Tools

人間は昔からいっこうに変わらない、アホだというのは簡単。でも人間である以上、他者との「差異」を求めるものなのである。差異を求めながら、商売人に乗せられてぼられないための方法は何か。お金じゃない「差異」を求めること。これに尽きる。二三の参考例:
  1. 伊丹十三は、ものに拘った。でもお金はかけなかった。世界で一番高い消しゴムを使っていたがそれは500円。醤油は長野県かどっかの知られていない醤油屋から取り寄せていたが、普通の値段。「差異」は値段じゃないと認識していた。
  2. 余丁町に住むグレゴリー・クラークは、千葉県に壮大な土地を所有し自分の「王国」を築いている。軽井沢なんかの別荘地の100分の1以下の単価。みんながブランド別荘地に群がる時に敢えて逆張りをする。「ニッポンの地価は高い高いと言うが、自分で探せばいくらでも安いところがある」という。
  3. フランス人の多くは、バカンスの度に地方の無名のワイナリーを自分で訪ね、自分の舌で判断して葡萄酒を安く多量に買い込む(地下室に保存する)。自分で納得した「知られざる銘酒」のコレクションをつくるのである。

要は「システムの裏をかけ」ということだ。ニッポン・システムとは「消費者をうまいことだまして搾取し生産者に所得移転を図るシステム」と言っていいが、彼らの手口を勉強しさえすれば、うまく裏がかけるのである。だいたい政府とかマスコミとか消費者団体とか「リッチ志向の読者を対象にした女性雑誌」なんかが言っていることの反対をやればまず間違いはない。

「記号」の意味は自分と限られた人だけに分かればいいことなのである。記号の商品化と大衆化は記号の値打ちを低下させるものでしかない。それに乗せられてしまうか否かが、勝ち組と負け組の分かれ目。

Posted: Fri - March 9, 2007 at 02:30 PM   Letter from Yochomachi   名言(迷言)集  Previous   Next   Comments