2007年11月30日金曜日

「『海の色が変わった』と昔と同じような胸騒ぎを覚える」(田淵節也)



野村證券元会長の田淵節也氏は89年のバブルがはじける直前に「海の色が変わった」と発言し話題となった。日経新聞に今日まで「私の履歴書」を連載されてきたが(これ抜群に面白かったが、それはさておき)最終日の今日のコラムで、「その時感じたのと同じような胸騒ぎを覚える」と書かれている。

抜粋:
  1. 「アメッポン」と言われる日本は米国に振り回されてきた国だ。その米国が今また、大きく変わる節目にあるような気がしてならない。
  2. 来年の大統領選挙で民主党が勝てば、イラク戦争の厭戦気分が一団と高まり、中東情勢は混沌とするのではないか。
  3. 軍事力に陰りが出れば、ペーパーマネーのドルの信認が低下し、米国は金や原油、穀物などの実物資産を裏付けとする新しい通貨制度を考え出すのではないかと思う。
  4. そうなれば、金本位制が「ドル紙幣本位制」に変わって以来の大変化だ。世界中が混乱し、アメッポンの日本は一番大きな影響を受ける。すでに、政界はざわついてきた。
  5. 僕は安倍さんが総理になったとき、「蒸留水しか飲んだことがない人は持たないのではないか」と思った。
  6. 小沢一郎さんが天下を取るのか、小泉純一郎さんが再登場するのかは分からない。いずれにせよ、日本の政治も大揺れするのではないか。
  7. 高度成長期以来、ぬるま湯につかってきた日本は、久しぶりに大激動の時代を迎えるように思う。
  8. 僕は日本の将来を悲観も楽観もしていない。「職人国家」としてそれなりの世界でのステータスを保っていけると思うから心配していない。
  9. もっとも、軍事力も持たずに「金融大国」の幻想を抱いている人は幻滅するかも知れないが……。
  10. 改めて人生観を自問すれば「人間は太古の昔から同じことを繰り返している動物」と言うことだ。
  11. 人生は思った通りにはならない。だから人生は面白いのであり、結果的にハッピーなのではないか。
  12. 「人間三代でチャラ」とはよくいったもので、いいことばかりは続かないし、悪いことばかりも続かない。それもまた人生の面白いところだ。
  13. 人間は変わらないが、世の中は変わる。これが実感であり、不変の真実なのだと思う。
  14. ブラジルの港町サントスの海岸で、沈む夕日を背に、奴隷の子孫の黒人が跪き、先祖の故郷アフリカに向かってお祈りする姿に、ただ感動した(ことがある)。心に焼き付いて離れない光景だ(った)。

なんか最後は「2001年宇宙の旅」の不思議な映像を思い出すようで、実に見事だ。この「私の履歴書」を読まれていない人がいるなら、図書館でコピーしてでも読むべきだと思う。日本の戦後経済史そのものなのである。今や歴史となった時代の局面局面での整理の仕方が実に良い。また田淵節也氏の人柄のすばらしさがまともに伝わってくる文章がいい。

さて、この最終回での総括をどう読むか。投資戦略にどう活用するか、である。散人なりの戦略:
  1. 日本株は、グローバルでかつ業界断トツ企業を残して売る。
  2. ドル資産は、ポートフォリオの20%以内に。同じ比率以上のドル以外の外貨資産(ADRなどの外貨連動資産でも可)を持つこと。円比率は半分程度に。
  3. 債券比率を大幅に増やす。世界REIT(もしくは人口増加地域での実物収益不動産投資)を増やす。
  4. 新興国株式投資はまんべんなくやっておくこと。どこが伸びるか分からない。当然資源国は忘れずに。
  5. 金は収益を生まないからやらない。もしドルが金に連動するようになるなら、ドルを持っていても同じこと。

まあ、台風対策として大きくは間違っていないと思う。問題は実行力だな。今年に入って三度も、決めていたのに日本株を売る機会を逃してしまったから。

2007年11月21日水曜日

旧ブログ「永井荷風」カテゴリータイトル一覧

外部サイトです。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンでお願いします。





荷風は釣りが好きだった!


3/17 Today 永井荷風、放水路の風景を発見 (1936)




「国内の旅行は徒に不当なる通行税と申すものを政府に献上致すためのやうに存ぜられ、それが無念に候」



持田叙子「おうちを、楽しく」(三田文学)……目からウロコの荷風論




日経:荷風を通じて時代の最先端が見える!



荷風塾 No11: "荷風と月 ー『断腸亭日乗』の驚くべき正確さー
"


荷風塾 No10: "荷風が浅草で最後に飯を食った店はどこか?"


荷風塾 No9: "荷風と山鳩"



荷風塾No8: "荷風はどうして時代が読めたのか"


荷風塾 No1 〜 7 menu


荷風塾「荷風が愛した(?)南高橋」




荷風塾:荷風はうなぎが好きだったのか?


Kafu 荷風塾学校通信 No12 荷風と散歩


日経:晩年の荷風と小林青年(川本三郎)


荷風関連文献リスト、荷風経済年表ダウンロード


Kafu School News No16 「小説作法」


Kafu 学校通信 No20 荷風と「教養主義」


『永井荷風の生涯』(小門勝二)……小門勝二が嫌いな人もこれを読めば考えが変わるかも


荷風関連文献リスト、荷風経済年表(2004.9.4更新)


永井荷風の終焉の家の今、門だけは当時のまま


Kafu School News No15『濹東綺譚』生原稿3000万円入札不調


Kafu School News No19 荷風と関東大震災


荷風塾学校通信 No.22 荷風についてのエントリーINDEX (11/12 月)


永井久光『父荷風』上梓なる!……これは大ニュース

荷風、漱石、三島由紀夫の微妙な関係……新説ですぞ!


「荷風のこだわり」(東理夫)


サイデンステッカーが一番愛した日本の作家、永井荷風


荷風塾:なんと「荷風!」という雑誌(にちぶんMOOK)が発売されている!


荷風関連文献 / Google で Excel File の検索とDLが可能!


Kafu School News No18 荷風と高見順


Kafu 荷風塾学校通信 No14 荷風と神戸




「珊瑚集私註」




















2007年11月19日月曜日

日経:中国の一人あたり豚肉消費量は日本の二倍



今朝の日経。ニッポンイストが「飢え死に寸前」と喧伝する中国大衆の栄養状況は意外と良いらしい。もう少し調べたくて現代アジア研究所の資料を見るとこんな研究レポートがあった:
主食・食肉の変化:日本・中国大陸・台湾 : "取得できた資料を2本掲載した。これでみると、1970年代末から、食生活は急速に改善されていることがわかる。また、80年代期には日本の摂取水準を凌駕し、3,000カロリー水準に到達しつつあることが知られる。ドル表示の1人当たりGNPは、88年、日本が20,120ドル、大陸中国は330ドル (ちなみに台湾は5,430ドル、いずれも1980年固定価格)で、大陸中国は日本の60分の1、台湾は11分の1である。その社会が1人当たりカロリー摂取量が日本より多いという状況になった。"

多ければいいというものでもないが、少なくていいというものではない。ニッポン政府は「メタボ、メタボ」を繰り返し、食べすぎないことが良いことだと宣伝しているが、自分たちが国民に十分に食い物を供給できないいいわけとして問題をすり替えているにすぎない。戦時中、宮沢賢治の詩「アメニモマケズ」のなかの「一日玄米4合と……」を「一日玄米2合と……」と書き換えた軍国政府と違わないではないか。

以前テレビで鎌倉武士の食生活が紹介されていたが、一日玄米5合にミソと野菜と魚。トータルで3000キロカロリーが優に超えていたと推定されると。それが鎌倉武士の強さの秘密。やはり十分に食べられない国民は元気が出ないのである。

最近、生活保護が受けられなくて餓死した人の話や、フリーターが一回の食事をそうめん一束(50グラム)に抑えて生活している例などを聞くと、現代日本はやはりおかしいと思う。生活の一番の基本である食料品の値段が余りにも高すぎるのである。その結果日本は先進国としては異常にエンゲル係数が高い。

理由は、言わなくてもお分かりになると思うが、ノーソン既得権集団が日本の食料品価格を恣意的に釣り上げているからに他ならない。

このままでは北京オリンピックばかりか経済戦争でも中国にボロ負けしそう。「腹が空いては戦は出来ない」のである。

2007年11月13日火曜日

「永い時を経て琵琶湖に適応して生息している生物は,皆かけがえのない存在です」(天皇陛下)



今回の天皇陛下のブルーギル発言を、大衆環境攘夷主義者に迎合するマスコミは「天皇陛下の自己批判」として大々的に報道しているが、先のエントリーで書いたようにこれは天皇陛下の真意を曲げて報道しているものだ。このエントリーのコメント欄で教えてもらったが、唯一京都新聞だけが「ご挨拶」での天皇陛下の違う趣旨の言葉を引用している。真実はどこにあるのか? 宮内庁のホームページで天皇陛下のご発言の全文を手に入れた。

これがそのご挨拶の全文である:
◇天皇陛下のおことば
第27回全国豊かな海づくり大会
平成19年11月11日(日)(滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール)

 第27回全国豊かな海づくり大会が,湖では初めて,ここ滋賀県大津市の琵琶湖畔において開催されることを,誠に喜ばしく思います。 
 琵琶湖は永い歴史と広大で多様な環境を有し,湖に固有の多くの生物を宿しています。これら固有の生物はそれぞれ琵琶湖の環境に適応し,幾つかの種類では近似種間で生態や生育水域を異にしてすんでいます。琵琶湖には3種のナマズがすんでいますが,その中の2種ビワコオオナマズとイワトコナマズは1961年に友田淑郎博士によって新種として記載されたものです。湖岸部を住処(すみか)とするナマズに対して,ビワコオオナマズは沖合で魚を追い掛けて生活し,イワトコナマズは岩礁地帯に生息して真横に突き出た目で小魚やエビを探して食べています。かつて池でナマズとビワコオオナマズを飼ったことがありましたが,浮き餌(え)の食べ方が両者で異なり,ナマズが上方のものを食べるのに適しているのに対し,ビワコオオナマズは前方のものを食べるのに適しているように思いました。これらの環境に適応した種類を見る時,生物進化の妙を深く感じます。
 この琵琶湖において,近年,集水域や湖畔での経済活動により水が汚染し,魚類の産卵繁殖場が減少するなど環境の悪化が進んできました。外来魚やカワウの異常繁殖などにより,琵琶湖の漁獲量は,大きく減ってきています。外来魚の中のブルーギルは50年近く前,私が米国より持ち帰り,水産庁の研究所に寄贈したものであり,当初,食用魚としての期待が大きく,養殖が開始されましたが,今,このような結果になったことに心を痛めています。
 昭和52年に,初めて大規模な淡水赤潮が発生したことを契機として,琵琶湖の環境保全のための真剣な取組が開始され,以来,産卵繁殖の場であるヨシの生い茂る地帯の造成や,湖岸の清掃,周辺の山々の植林など,多くの人々が協力して,最近は湖の環境は良くなってきていると聞きます。再び魚影豊かな湖となることを期待しています。
 永い時を経て琵琶湖に適応して生息している生物は,皆かけがえのない存在です。かつて琵琶湖にいたニッポンバラタナゴが絶滅してしまったようなことが二度と起こらないように,琵琶湖の生物を注意深く見守っていくことが大切と思います。
 この大会が河川,湖沼の生物を愛する心を培い,皆で豊かな湖(うみ)づくりに励む契機となることを願い,大会に寄せる言葉といたします。


http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/okotoba-h19-01.html

まともな国語読解力がある人はじっくりと読んで欲しい。いろいろの利害関係者にご配慮された表現とはなっているが、天皇陛下の真意はあくまでも最後のパラグラフにある「永い時を経て琵琶湖に適応して生息している生物は,皆かけがえのない存在です。」という一言である。これはまるで疑問の余地はない。

つまり「ブラックバスであれ、ブルーギルであれ、わが国に永く適応して生き長らえた生物は、天皇陛下の臣民である。みんな虐めずに大切にして欲しい」という今風の「環境攘夷論者」を諫める天皇陛下の強烈なメッセージなのである。

天皇陛下は、今の日本国民が外国嫌い(ゼノフォビア)攘夷主義に陥っていることを危惧されているのだと思う。これはとても危険な風潮である。最近米国の社会学者が、米国の外来生物排斥運動と米国の好戦的な内向きゼノフォビア志向の間に有意の関係があると統計的に立証したが(ここ)、今のニッポンでは確実にその傾向がうかがえる。2chなどではアホらしいほど顕著だ。滋賀県知事ともあろう人が、2ch並みの頭脳構造の持ち主であることが情けない。

Posted: Tue - November 13, 2007 at 07:29 PM   Letter from Yochomachi   名言(迷言)集   Previous   Next   Comments (7)