2009年12月17日木曜日

「沖縄にカジノを」(亀井静香)……この人もたまにはまともなことを言う!

このニュース:
asahi.com(朝日新聞社):亀井氏「沖縄にカジノ特区を」 雇用・所得増を期待 - 政治: "亀井静香金融相は17日、閣議後の会見で、沖縄の経済対策として「カジノ特区」の導入を訴え、「沖縄が総合レジャーの中心地になれば雇用の面、所得の面で大幅なアップが期待できる」と述べた。亀井氏は政府・与党内でも反対は少ないとしているが、前原誠司国土交通・沖縄担当相は地元の要望次第との立場で、実現可能性は不透明だ。"

でも実現は不透明というより、不可能だろうね。社民党のPTAおばさん連中が反対するから。

人は賭博の本能を持っている。資本主義の原動力でもある。それを無理に「規制」するから、それで食う犯罪組織が蔓延る。PTAおばさんが主張し、それに迎合して己の存在意義を主張したい優等生官僚たちが鉛筆舐めなめして作文した「規制」こそが、犯罪を作るのである。アメリカ20年代のギャングも「禁酒法」が生み出したものだ。外国人入国規制が不法滞在という「犯罪」を生み出しているのと同じ。

カジノがダメで、パチンコはいいというのは、理解不能。合法化すれば、少なくともショバ代は日本に留まる。

沖縄の人も、自分の食い扶持は自分で稼ぐことが出来るようになる。これこそ地方自治の精神。他の地方自治体も真剣に考えるべきだ。

4 件のコメント:

須賀徹 さんのコメント...

様々なことを考えると可能かもしれません。
元警察官僚であった亀井お大臣の発言です。
たの都道府県であればパチンコ・スロット以外の競馬。競輪・競艇等がありそれを管轄する省庁(農林水産・国土交通・経済産業省)の抵抗も予想されますが、沖縄にはそれらがなく、抵抗も少ないと考えられます。
昨年のマカオのカジノの売上は120兆円とありました。1%でも1兆2000億。
麻薬のような公共事業という注射をい打つよりはよっぽどいい政策だと思います。
しかし亀井さんがいうとは思わなかった。

余丁町散人 さんのコメント...

そうですね、亀井静香がこれを言うとは思わなかったです。

「パチンコは禁止して、カジノを解禁しよう!」

これこそ、日本の国益につながると思う。

匿名 さんのコメント...

パチンコ業者がカジノ業者に転業するだけじゃないですか?

野猫 さんのコメント...

沖縄の歴史でいうと、貧乏でも楽しく生きてていける社会が形成されているのに、利権で荒らされているだけで気の毒だなぁと思う。

そもそも、地方は貧しくゆったり生きていくのが良いのですよ。地方もお金持ちになるという理不尽が当たり前になったのがもっとも日本を悪くしている。

それに、都会人がみなお金持ちかというと、貧乏人はかなりひどい状況でしょうね。今はもう忘れられてしまったようですけど、バブルのとき相続税が払えなくて店をたたまなくてはならなくなったり、相続税対策の金融商品で失敗してすべてを失った人もいるみたいだし。都会の方が、ハイリスクなんですよ。それをわかっていない人が多くて困ります。ハイリスクだから、リターンが大きくなることもあるわけで。地方に、どんなリスクがあるのでしょうか? 過疎になったのは、都会が悪いのではなく、しょせん故郷より金に目が眩んだ愚かな人たちだということです。