2010年1月16日土曜日

小沢一郎事件:検察は「百罰百戒」の精神で突き進め!

小沢一郎にしてみれば「みんなやってることなのに、どうして俺だけが? 検察の横暴だ」という気持ちだろうが、納税者のおカネをちょろまかして、それでもって選挙民の票を買うのは立派な犯罪である。ハトポッポ君も相続税と贈与税をちょろまかしてばらまいて選挙に勝ったのだから同罪。くやしかったら、ご自身が把握している事実に亀井静香が持っている警察情報も活用して、自民党議員に片端から告発し報復したらいい。検察もおいらの税金でメシを食っている以上、「一罰百戒」などと言うのではなく、悪い奴を片端から逮捕しまくることこそが与えられた使命だ。「百罰百戒」である。それでようやくニッポンの村落共同体依存のムラ政治(金権政治)も正常化されるのである。

村落共同体の活動とは、基本的に「のみ食い」。これがないとムラ社会は維持できない。ムラ社会の上に成り立つ政治は必然的におカネがかかり、そのお金を工面するために都市納税者のお金をくすねるのだ。「一票格差」を是正し、買収が効かない都市票への差別をなくして高め、都市票の4倍までに不当に高く評価されていてさらにおカネ次第で動くイナカの票の価値を減価させることことこそが、金権政治からの究極的な脱皮方法である。

2 件のコメント:

余丁町散人 さんのコメント...

小沢が言う「どぶ板政治」とか「ぞうきん掛け政治」とか言うのは、結局、お金をばらまいて票を掴むことを新人政治家は体で覚えろと言うことなのである。今まで自民党の専売特許だった戦術だが、今や民主党までそれをやり出した。新たな政治の対立軸の形成が望まれる。それが出来なければ日本はいよいよダメになる。

K.N さんのコメント...

>新たな政治の対立軸の形成

今はそれを祈るような気持ちで願っています。

散人さんのおっしゃる「日本の売り状態」、残念ながらどんどん加速しているようで、先行きを考えると悲しく、情けないです。