2010年3月16日火曜日

農業化する日本経済 - 今日の一貫

日本の農業をずっと見てきた農業学者の大泉一貫先生は、いまのニッポン経済は農業化しつつあるという:
農業化する日本経済 - 今日の一貫: "日本経済はますます農業がたどった、縮小の道を歩もうとしている。"


同じく中南米経済をずっと見てきた人間(おいらのこと)は、ニッポン経済はアルゼンチン化しつつあるという。

どっちにしても、余り元気がでる話じゃない。やらねばならないことはとてもシンプルで誰もが分かっているのだが、それが政治的に出来ない。現状維持で利益を得られると思っている人口が票の大半を握っているからだ。

4 件のコメント:

余丁町散人 さんのコメント...

アルゼンチン化 - Google 検索

天魔 さんのコメント...

http://wedge.ismedia.jp/category/wedge
↑珍しくまともな事を言う雑誌がありました。
なかなかこういう認識は共有されないんでしょうかね、、、。

余丁町散人 さんのコメント...

Wedge も頑張りだした。もっと書け。田中康夫も現場で実態を見てきたからよく分かっていて、こんなことを書いている:

今ひとつ“受け”がよくないのはなぜか - にっぽん改国(田中康夫) - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース: "他者から農地を借り受けて減農薬農法に精励する新規就労の専業農家は今回の制度で殆ど報われず、他方で夫が県庁職員、妻が学校教諭で2人の合算所得は県民所得の3倍以上に達する「零細」兼業農家が、週末に一時間ばかり耕耘機を動かすだけで、更なる“不労所得”が得られる理不尽さ。"

余丁町散人 さんのコメント...

池田信夫も言っているんだけど、こういう正論はニッポンでは無視される:

正しいセーフティ・ネット - 池田信夫blog - BLOGOS(ブロゴス) - livedoor ニュース: "農家の所得は非農家より高いのだから所得補償なんて必要ない。"