2011年12月25日日曜日

『ガリバー旅行記』……この世の中、あんまり潔癖すぎると気が狂ってしまう

最近むかし読んだ子供本を読むのがクセになった。『宝島』に続いて今日はスウィフトの『ガリバー旅行記』。「スウィフトの人間社会に対する呪詛と悪態の数々は痛快至極。全く同感」とかなんて思って読み終わって解説を読むと、あらら、知らなかったけどスウィフトはこれを書いてからしばらくして精神疾患で死んでしまった由。ご用心ご用心。この世の中では、あまり潔癖すぎると気が狂ってしまうのだ。清濁併せ呑むというこころが必要だね。




でも、面白かった。思い込みの強い科学者企画集団がいろんなプロジェクトをはじめ、やっている人たちは大まじめなんだけれど、いずれもカネばっかり使うだけで社会をめちゃくちゃにして、おまけに本人達は失敗に一向に気がついていないというくだりも、抱腹絶倒。

感心したこと。支配階級(宮廷、貴族、司法、軍人などなど)にとってこれだけきつい風刺作品を平気で出版させた18世紀のイギリス社会というのは、偉かったと思う。日本の江戸時代ですよ。

2011年12月22日木曜日

ルンバは人々に今世紀最大の恩恵をもたらすか?

大げさなことを言うようだが、ルンバ掃除機には感服している。いままでの白物家電のイメージを革命的に変えるものではないか!

ルンバについて | iRobot ロボット掃除機ルンバ 公式サイト
スィッチをぽんと入れるだけで家の中の掃除を一人でしてくれる。いままでの家電製品はあくまでも「人間が自分で」仕事をするという前提で、その仕事を助けてくれるものに過ぎなかったが、ルンバは「自分で」やってくれるのである。いわば召使いを傭っているようなもの。人間が労働をすることが前提の従来家電製品とは質的に違う。

この種の製品のイメージは確か50年前からあった(アメリカの未来家庭のイメージでルンバと全く同じ機械が映像化されていたのを昔見たことがある)。でもこういう「便利な」製品を使うことにはある種の抵抗があったためか(チャップリンの「モダンタイムズ」あたりが嚆矢か)製品化が遅れた。

考えてみれば、一昔前の中産階級の家庭では使用人が居ることが当然だった。世の中が進歩してそういう階級社会は消滅したことはいいことであるが、昔は便利であったことも事実。以来、科学技術の進歩で新幹線が出来たり、パソコンモバイルが出来たり、いろいろ便利にはなったけれど、普通の人の仕事の量は減らなかったね。日帰り出張が増えたり、外出先でもデスクワークをしなければならなくなったりして、仕事が逆にきつくなったのが実情だろう。

郵便物をとってくるロボットとか、捜し物をしてくれるロボットとか、「仕事やっといて」と任せきりに出来るロボットとか、そんなのが欲しいな。ロボットが仕事をしている間に、人間が遊ぶ。これが理想。こういうロボット作りのノウハウは絶対に資本家には教えないこと。自分が職を失うことになる。

2011年12月19日月曜日

『大停滞』(T.コーエン)……禿しく同感!

1時間もあれば読める本。言っていることはきわめてシンプル。時代は変わった、世界はもう高度成長は望めない、みんなビンボーにならざるを得ない、これを認めて、新しい現実に何とか適応して行こうと言うこと。おいらが前から考えていたことだが、年寄り特有の「ひが目」でおいらも歳をとったと思っていたけど、一流の経済学者も同じことを言っているので安心した。


こういう状況の中では、従来右派の勢力が改革を訴える急進派となり、左派のリベラル派が現状維持を主張する保守勢力となるということも、まさに同感。日本でも10年前から顕著に見えだした兆候。でも、イノベーションの停滞が不況の根本原因である以上、どちらも解決手段にはならないとコーエン教授は言う。これも同感。

各自、質実剛健をモットーに今後の50年(多分もっと長い期間になるかもしれない)を乗り切ろう。

2011年12月18日日曜日

Connect to Google+ | Blogger Buzz

Connect to Google+ | Blogger Buzz: Back in October we made it possible for Blogger in Draft users to use their Google+ profile on their blog. This option is now available to all Blogger users, and as a result, we're starting to roll out the first of many Google+ features.

Starting today, if you have linked your blog to your Google+ account you will be presented with a prefilled Google+ share box immediately after publishing a post. The share box will contain a snippet of your post that you can share with your circles on Google+ .


2011年12月17日土曜日

「世界中萬事、以俗眼観、紛紛各異、以道眼観、種種是常」(菜根譚後集八七)

今日は精神修養。『菜根譚』に曰く:
世界中の万事は、俗眼を以て観れば、紛々各々異なるも、道眼を以て観れば、種々是れ常なり。何ぞ分別を煩わさん、何ぞ取捨を用いん。
そうなのだ。弱者を装ったイナカ利権集団のごり押しエゴイズムも、グローバルなウォール街の貪欲さも、すべてこれ人間の本性。いちいち目くじらを立てていてもしょうがない(とやっとわかった)。

あいつらには、近づかないのが一番だね。


2011年12月16日金曜日

内田樹『呪いの時代』

今日はお勉強。年寄りでもお勉強はするのだ:

 

エッセイ集だから、軽いテーマで大笑いさせてくれるかと思うと、突然とても重いお話になり、考え込ませてくれる。自らを振り返ってみて、反省するところ多々。これでおいらも少しは利口になるかな。

2011年12月12日月曜日

「拙きを知らば、何ぞ、やがて退かざる」(徒然草 第134段)

中学の時以来の『徒然草』。はじめて全部通して読んだ。なかなかいいですよ。この世の中、がさがさ張り切る「信念の人」が多すぎ。カッコワルイばかりかみんなの迷惑。省事、省事。

2011年12月11日日曜日

池田信夫 blog : 消費税と百姓一揆 - ライブドアブログ

おもしろ。税金は年貢みたいなもんか:
池田信夫 blog : 消費税と百姓一揆 - ライブドアブログ: 一向宗が挫折した日本では、武装解除された百姓が武士に秩序維持をゆだね、主従関係が固定された。ここでは年貢は、反対給付のない負担であり、少ないに越したことはない。このため定期的に百姓一揆が起こるが、それは一向一揆のような権力闘争ではなく、年貢をまけてもらうための「春闘」のような儀式として合法化された。

考えてみれば、既得権集団はいざ知らず、普通の都市住民にとっては納税してもあんまり反対給付はないわな。

2011年6月7日火曜日

噴霧器はやっぱり電動が便利!

庭にハナモモが二本あるが、これが悩みの種。毎年アブラムシが付くのだ。その度にスミチオンを散布するのだが、使っている噴霧器はポンプ式なので薬剤の量にもよるが何十回もポンピングをしなくてはならない。年寄りにはきつい。電動式がほしいな〜と思っていたのだが、近所にはホームセンターがない。しかし通販という手もあった。さっそく探してみるとパナソニックから手頃な電池式噴霧器が出ているので買った。軽くてとても便利。

ノズルの長さが短いのが玉に瑕だが、幸い二本とも建物の近くに植えているので二階の窓から噴霧出来る。

2011年4月25日月曜日

原発と地域振興 

興味深い文献を見つけたのでメモとして保存しておく。現地は「ほくほく」だったのだ。「可哀想な」ニッポンのイナカの実態とは、所詮こんなもん:
原発と地域振興 : "1983年1月26日石川県羽咋郡志賀町で開かれた「原発講演会」(地元の広域商工会主催)での高木孝一敦賀市長の講演内容を以下に示します。“これが自治体の長の言葉?!”と驚くと同時に、原発による地域振興なるものの実態がよく理解できるはずです。原発が札束をばらまきながらやってくる、そして人を、町を、ボロボロにしてしまうことが、立地自治体の本音とともに問わず語りに吐露されています。"


全文引用:
 只今ご紹介頂きました敦賀市長、高木でございます。えー、今日は皆さん方、広域商工会主催によります、原子力といわゆる関係地域の問題等についての勉強会をおやりになろうということで、非常に意義あることではなかろうか、というふうに存じております。…ご連絡を頂きまして、正しく原子力発電所というものを理解していただくということについては、とにもかくにも私は快くひとつ、馳せ参じさせて頂くことにいたしましょう、ということで、引き受けた訳でございます。

……一昨年もちょうど4月でございましたが敦賀1号炉からコバルト60がその前の排出口のところのホンダワラに付着したというふうなことで、世界中が大騒ぎをいたした訳でございます。私は、その4月18日にそうしたことが報道されましてから、20日の日にフランスへ行った。いかにも、そんなことは新聞報道、マスコミは騒ぐけれど、コバルト60がホンダワラに付いたといって、私は何か(なぜ騒ぐのか)、さっぱりもうわからない。そのホンダワラを1年食ったって、規制量の量(放射線被曝のこと)にはならない。そういうふうなことでございまして、4月20日にフランスへ参りました。事故が起きたのを聞きながら、その確認しながらフランスへ行ったわけです。ところがフランスまで送られてくる新聞には毎日、毎朝、今にも世の中ひっくり返りそうな勢いでこの一件が報じられる。止むなく帰国すると、“悪るびれた様子もなく、敦賀市長帰る”こういうふうに明くる日の新聞でございまして、実はビックリ。ところが 敦賀の人は何食わぬ顔をしておる。ここで何が起こったのかなという顔をしておりますけれど、まあ、しかしながら、魚はやっぱり依然として売れない。あるいは北海道で採れた昆布までが…。

敦賀は日本全国の食用の昆布の7~8割を作っておるんです。が、その昆布までですね、敦賀にある昆布なら、いうようなことで全く売れなくなってしまった。ちょうど4月でございますので、ワカメの最中であったのですが、ワカメも全く売れなかった。まあ、困ったことだ、嬉しいことだちゅう…。そこで私は、まあ魚屋さんでも、あるいは民宿でも100円損したと思うものは150円貰いなさいというのが、いわゆる私の趣旨であったんです。100円損して200円貰うことはならんぞ、と。本当にワカメが売れなくて、100円損したんなら、精神的慰謝料50円を含んで150円貰いなさい、正々堂々と貰いなさいと言ったんでが、そうしたら出てくるわ出てくるわ、100円損して500円欲しいという連中がどんどん出てきたわけです(会場爆笑、そして大拍手?!)。

100円損して500円貰おうなんてのは、これはもう認めるもんじゃない。原電の方は、少々多くても、もう面倒臭いから出して解決しますわ、と言いますけれど、それはダメだと。正直者がバカをみるという世の中を作ってはいけないので、100円損した者には150円出してやってほしいけど、もう面倒臭いから500円あげるというんでは、到底これは慎んでもらいたい。まあ、こういうことだ、ピシャリとおさまった。

いまだに一昨年の事故で大きな損をしたとか、事故が起きて困ったとかいう人は全く一人もおりません。まあ言うなれば、率直に言うなれば、一年一回ぐらいは、あんなことがあればいいがなあ、そういうふうなのが敦賀の町の現状なんです。笑い話のようですが、もうそんなんでホクホクなんですよ。

…(原発ができると電源三法交付金が貰えるが)その他に貰うお金はお互いに詮索せずにおこう。キミんとこはいくら貰ったんだ、ボクんとこはこれだけ貰ったよ、裏金ですね、裏金!まあ原子力発電所が来る、それなら三法のカネは、三法のカネとして貰うけれども、その他にやはり地域の振興に対しての裏金をよこせ、協力金をよこせ、というのが、それぞれの地域である訳でございます。それをどれだけ貰っているか、を言い出すと、これはもう、あそこはこれだけ貰った、ここはこれだけだ、ということでエキサイトする。そうなると原子力発電所にしろ、電力会社にしろ、対応しきれんだろうから、これはお互いにもう口外せず、自分は自分なりに、ひとつやっていこうじゃないか、というふうなことでございまして、例えば敦賀の場合、敦賀2号機のカネが7年間で42億入ってくる。三法のカネが7年間でそれだけ入ってくる。それに「もんじゅ」がございますと、出力は低いですが、その危険性……、うん、いやまあ、建設費はかかりますので、建設費と比較検討しますと入ってくるカネが60数億円になろうかと思っておるわけでございます…(会場感嘆の声と溜息がもれる)。

…で、実は敦賀に金ケ崎宮というお宮さんがございまして(建ってから)随分と年数が経ちまして、屋根がボトボトと落ちておった。この冬、雪が降ったら、これはもう社殿はもたんわい、と。今年ひとつやってやろうか、と。そう思いまして、まあたいしたカネじゃございませんが、6000万円でしたけれど、もうやっぱり原電、動燃へ、ポッポッと走って行った(会場ドッと笑い)。あっ、わかりました、ということで、すぐカネが出ましてね。それに調子づきまして、今度は北陸一の宮、これもひとつ6億で修復したいと、市長という立場ではなくて、高木孝一個人が奉賛会長になりまして、6億の修復をやろうと。今日はここまで(講演に)来ましたんで、新年会をひとつ、金沢でやって、明日はまた、富山の北電(北陸電力)へ行きましてね、火力発電所を作らせたる、1億円寄付してくれ(ドッと笑い)。これで皆さん、3億円既に出来た。こんなの作るの、わけないなあ、こういうふうに思っとる(再び笑い)。まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。火葬場はボツボツ私も歳になってきたから、これも今、あのカネで計画しておる、といったようなことで、そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。これは(私は)信念を持っとる、信念!

……えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか…。こいうふうに思っております。どうもありがとうございました。(会場、大拍手)

  ◇           ◇           ◇    

 今回のテーマについて、これ以上何の説明も要らないでしょう。ひとつだけ付け加えるなら、原発に限らずこうした事業を誘致した政治家が懐に入れるリベートは、投資金額の1~3%と言われています。原発1基3000億円とすれば、リベートは30~90億円と言うことです。

この講演が効を奏してか、会場となった志賀には北陸電力の志賀原発1号機が建設され、運転を開始しています。

 ★引用文献:内橋 克人著 「原発への警鐘」 講談社文庫  


2011年3月29日火曜日

資料:「原発とはどういうものか知ってほしい」

友人から次のようなメールを貰った:
元原発関係技術者故平井憲夫さんの論文です。同氏は1996年長年の
被曝により物故されました。当然福島第一の人災に直接触れたものではありませんが、
この論文は原発の何たるかを淡々と伝えていると思われます。

ご参考まで。

増田 満

添付されていた資料をこの友人の同意を得て公開することにしました。

PDFファイルです。小生の公開ディスクに入れてありますので下記のタイトルをクリックすると読めます。お読み下さい。
原発とはどういうものか知ってほしい(全)
現場を離れた机上の議論が如何にきれい事であるのか、よくわかります。

(追記)

このブログに書いたことは自動的に Twitter に流れるのだが、この件に関する Twitter のRTコメントを見るとこれは以前からかなり組織的にこの文書をディスクレディットする攻撃がなされていたらしい。書いた人は学者じゃないので細かいところでは数字の間違いはあるかもしれない。しかし、今回の福島第一事故をみれば、やっぱり本質的なところで間違っていなかったと考えるべきだろう。原子炉技術者だった大前研一も 同じような指摘をしている(次ページ)。







原発は、ほとんど永遠に続く廃棄物の後始末や、建設時や事故の起こった時の補償を含めると、トータルコストでは従来型よりもとてつもなく高くつくから、経済的にも見合わなくなっている。合理的に考えて、止めた方がいい。

2011年2月18日金曜日

箱根山登山

昼飯後、箱根山登山。一気に登った。東京23区内で一番高いとか、いや山手線内側では一番高いのだとか言われている(標高44.6メートル)。下から見上げると迫力満点:


箱根山頂上。樹の葉っぱが落ちているので新宿都心が見える:


箱根山の下に建っている戸山教会の土台として、旧陸軍の施設の遺跡が残っている。元は陸軍戸山学校の将校集会所だったとか、陸軍医学校防疫研究室(731部隊)への地下通路の跡だともいわれているが、詳しいことはわからない。もちろん説明の看板はない。


風が強くて、吹き折られた木の枝が落ちてくる。早々に退散。

2011年2月15日火曜日

余丁町雪景色



朝、隣の研修所管理人の奥さんが呼び鈴。うちのキョウチクトウの枝が雪で折れて隣の駐車場に倒れかかっているとのこと。ノコギリで切り落として回収。