2012年10月26日金曜日

10/26 Today 安重根が伊藤博文を暗殺 (1909)

韓国総監として韓国植民地支配を進めていた伊藤博文が暗殺された。暗殺したのは安重根という人物:
安重根 - Wikipedia: 1909年10月26日、伊藤博文(暗殺当時枢密院議長)は満州・朝鮮問題に関してロシア蔵相ウラジーミル・ココツェフと会談するためハルビン(哈爾浜)に赴いた。午前9時、哈爾浜駅に到着し、車内でココツェフの挨拶を受けた後、駅ホームでロシア兵の閲兵を受けていた伊藤に、群衆を装って近づいた安重根の放った銃弾3発が命中、伊藤は約30分後に死亡した。狙撃後、安重根は ロシア語で「 コレヤ ウラー!(Корея! Ура!)」(韓国万歳)と大きく叫んだ。

国により評価が分かれ日本ではあまり知られていない人物でもある。しかし彼が検察官に述べたという暗殺の動機には、いろいろ否定しがたい事実があることは認めなければならない。曰く:

  • 一、今ヨリ十年バカリ前、伊藤サンノ指揮ニテ韓国王妃ヲ殺害シマシタ。
  • 二、今ヨリ五年前、伊藤サンハ兵力ヲ以ッテ五カ条ノ条約ヲ締結セラレマシタガ、ソレハミナ韓国ニトリテハ非常ナル不利益ノ箇条デアリマス。
  • 三、今ヨリ三年前、伊藤サンガ締結セラレマシタ十二ケ条ノ条約ハ、イズレモ韓国ニトリ軍隊上非常ナル不利益ノ事柄デアリマシタ。
  • 四、伊藤サンハ強イテ韓国皇帝ノ廃位ヲ図リマシタ。
  • 五、韓国ノ兵隊ハ伊藤サンノタメニ解散セシメラレマシタ。
  • 六、条約締結ニツキ、韓国民ガイキドオリ義兵ガ起リマシタガ、ソノ関係上、伊藤サンハ韓国ノ良民ヲ多数殺サセマシタ。
  • 七、韓国ノ政治、ソノ他ノ権利ヲ奪イマシタ。
  • 八、韓国ノ学校ニ用イタル良好ナル教科書ヲ伊藤サンノ指示ノモトニ焼却シマシタ。
  • 九、 韓国人民ニ新聞ノ購読ヲ禁ジマシタ。
  • 十、 ナンラアテルベキ金ナキニモカカワラズ、性質ノヨロシカラザル韓国官吏ニ金ヲ与ヘ、韓国民ニナンラノ事モ知ラシメズシテ終ニ第一銀行券ヲ発行シテオリマス。
  • 十一、韓国民ノ負担ニ帰スベキ国債二千三百万円ヲ募リ、コレヲ韓国民ニ知ラシメズシテ、ソノ金ハ官吏間ニオイテ勝手ニ処分シタリトモ聞き、マタ土地ヲ奪リシタメナリトスト聞キマシタ。コレ韓国民ニトリテハ非常ナル不利益ノ事デアリマス。
  • 十二、伊藤サンハ東洋ノ平和ヲ攪乱シマシタ。ソノ訳ト申スハ、日露戦争当時ヨリ、東洋平和維持ナリト言イツツ、韓皇帝ヲ廃シ、当初ノ宣言トハコトゴトク反対ノ結果ヲ見ルニ至リ、韓国民二千万ミナ憤慨シテオリマス。
  • 十三、韓国ノ欲セザルニモカカワラズ、伊藤サンハ韓国保護ニ名ヲ借リ、韓国政府ノ一部ノ者ト意思ヲ通ジ、韓国ニ不利益ナル施設ヲ致シテオリマス。
  • 十四、今ヲ去ル四十二年前、現日本皇帝ノ御父君ニ当ラセラル御方ヲ伊藤サンガ失イマシタ。ソノ事ハミナ韓国民ガ知ッテオリマス。
  • 十五、伊藤サンハ、韓国民ガ憤慨シオルニモカカワラズ、日本皇帝ヤ、ソノ他世界各国ニ対シ、韓国ハ無事ナリト言ウテ欺イテオリマス。

両班出身のインテリ。目白台の永青文庫 〔細川家宝物所蔵館〕で安重根の書を見たことがあるが、立派なものであった。なぜ細川家が安重根の書を保存しているのかは不明。名門細川家は足軽出身の伊藤博文なんかには遠慮しなかったのかも知れない。

2012年10月19日金曜日

10/19 Today ザマの戦い(BC202)……小回りの利かない巨象軍団は役に立たなかった

常勝ハンニバルもこの戦いで遂に敗れ、カルタゴの命運が決まった:
ザマの戦い - Wikipedia: "ザマの戦い(ザマのたたかい)は、紀元前202年10月19日に北アフリカのザマで起こったローマ軍とカルタゴ軍の戦いである。大スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破り、第二次ポエニ戦争の趨勢を決した。"
ハンニバルは得意の象軍団(戦象)の突撃戦法をとるが、ローマ軍はすでに対処の仕方を知っていた。

両軍の配置の時系列:





ローマ軍の指揮官大スキピオはローマ軍を隙間を空けて配置する。戦象は前に進むだけなので、やって来たら横に避ければいいだけということがわかっていたのだ。カルタゴ軍は機動力のある騎兵軍団に後方を衝かれ、完全に包囲殲滅された。

「大艦巨砲時代」は紀元前3世紀にして、すでに終わっていたのである。


さて、戦後処理だが次のようなものだった:

ザマの戦いに敗れたカルタゴは、スキピオに講和を申し入れた。ローマの全権代表であるスキピオは10項からなる講和条約を提示した。以下、特に重要と思われるものだけをあげる。
  • カルタゴはローマの承諾なしには戦争を行わない。(これで実質のカルタゴは完全な自治国家とはいえなくなった)
  • 軍船は10隻を除き全てローマに引き渡す。
カルタゴは条約を受け入れた。これによって、カルタゴは海外領土および海軍力をほぼ喪失し、ローマの地中海における覇権が確立することとなった。
なんかどっかの国の無条件降伏と似ているが、ローマはこれでカルタゴを「いつでも滅ぼせる」という生殺与奪権を握ることとなる。 こういう条件を呑まされた以上、カルタゴ・ナショナリズムは自殺行為以外の何者でもなくなってしまう。現にカルタゴはその後、現実を直視出来ない連中のへんなプライドのおかげで自滅し〔第三次ポエニ戦争〕民族は物理的に歴史から消滅してしまう。

2012年10月15日月曜日

10/15 Today アメリカがキューバを海上封鎖、キューバ危機の始まり(1962)

一つ間違えば第三次世界大戦が勃発するという極めて危険な状況であった。当時の日本に於いても終日終夜この状況に関する臨時ニュースがラジオで流された。ミサイルを搭載したソ連船はキューバの港を直前にして、入港をせず停船し、更に引き返したと報じられたのは、明け方近くになってからのことであった。朝までトランジスターラジオの前にかじりついていた僕らは、みんな徹夜明けの赤い眼を擦りながら、それでも戦争は回避されたと安堵しながら、翌朝学校に行ったものである。

キューバ危機 - Wikipedia: 1962年10月14日にアメリカ空軍のロッキードU-2偵察機が、アメリカ本土を射程内とするソ連製準中距離弾道ミサイル (MRBM) の存在を発見、さらにその後3つの中距離弾道ミサイル (IRBM) を発見した。
これに対してアメリカ政府は激烈な反応を示し、ケネディ大統領はエクスコム(国家安全保障会議執行委員会)を設置し、ミサイル基地への空爆を主張する国防総省やCIAの強硬論を抑えて、第1段階としてキューバ周辺の公海上の海上封鎖及びソ連船への臨検を行うことでソ連船の入港を阻止しようとした(これに対してソ連船は海上封鎖を突破することはせず、また臨検を受けることをよしとせず引き返した)。


アメリカ〔ケネディー〕があれほどまでに強気に出られたのは、あくまでもアメリカの強大な軍事力の存在があった。当時のソ連の軍事力では戦争を始めてアメリカを部分的に攻撃し破壊することは可能であったが、アメリカを全面的に壊滅させることは到底不可能であったのだ。一方で当時のアメリカにはソ連を全面的に壊滅させるだけの核軍事力があった。フルシチョフは冷徹な判断が出来るまともな人間であったので、ここでキューバのカストロと心中する覚悟でアメリカを事を構えてもなんら得することはないとの冷静な判断が出来たのである。ソ連に見捨てられたカストロは激怒したが所詮ごまめの歯ぎしりに過ぎなかった。

同時にフルシチョフはソ連国内を完全に掌握している自信があったので、国内の好戦的なウヨ・ポピュリズム感情は無視することが出来た。文句を言う輩はシベリア流刑にすればよかったのだ。国内政治で強力な政治家であることではじめて国際関係で譲歩が出来るのである。

ひるがえって現在の極東の情勢を考えると、こういった理性的な交渉事がとても出来る状況にない。衆愚的なポピュリズムと感情論にあまりに振り回される政治構造が定着してしまっている。戦略的にはまるで意味もない小さな岩礁の帰趨を巡り、国民感情と面子だけで物事が進んでしまうのだ。この舞い上がった国民感情を押さえ、バランスを取り冷静化させるメカニズムは、宗教コミュニティー規範が本来的に欠如するアジア的生産様式文化圏においては、とても脆弱である。市民運動とやらのオルターナティブ規範も簡単には出来上がらないだろう。地球上でこれだけ多くのつまらない領土紛争がある地域は東アジアだけである。おまけに領土問題以外でも、政治がこの国民的感情論に振り回される状況が続いている。悲観的にならざるを得ない。

2012年10月14日日曜日

10/14 Today ノルマン・コンクエスト ヘイスティングズの戦い( 1066)

ノルマン・コンクエストThe Norman Conquest of England)は、ノルマンディーギヨーム2世によるイングランドの征服。ヘイスティングズの戦いでイングランドの国王ハロルド2世は戦死。フランスのノルマンディー地方に住み着いてフランス語を話すようになっていたヴァイキング(ノルマン人)がイングランドを征服した。イギリスはこのときからしばらく、フランス語を公式言語として使用することとなる。被征服民族サクソン人は豚(サクソン語で pig)を飼い、征服者のノルマン貴族は食卓で豚〔フランス語で pork)を食べることになった。同じ豚でも、サクソン人が豚小屋で飼っているうちは pig と呼ばれ、ノルマン人が食卓で食する段階になると pork と呼ばれたのである。屈辱的だが、王様が戦で死んでしまったからには、仕方がなかった。でもこのことは、英語の語彙を極めて複雑で豊富なものにし、膨大なシェークスピア戯曲を生むことにも繋がった。人間すべて塞翁が馬なのである。
ヘイスティングズの戦い - Wikipedia: 決戦は10月14日朝に始まった。ノルマン軍は短弓やクロスボウを装備した弓兵に援護させながらの騎兵による突撃を繰り返したが、丘上に布陣したイングランド軍は長大な戦斧を装備した重装歩兵による密集陣形でこれに応じ、昼までに戦闘は膠着状態に陥った。この後に何が起こったかについては諸説あり、ノルマン側の弓兵がハロルド軍の前衛の盾の列の後方に攻撃を集中した結果、イングランド軍の陣形が綻んだとの説や、ギヨーム2世が退却を装ってイングランド軍の前衛を突出させたところで反転攻撃に転じたとの説もある。いずれにせよノルマン軍はイングランド軍の陣形を崩すことに成功し、ハロルド2世は戦闘中に落命した。

『アイバンホー』を読むとノルマン征服後のサクソン人の暮らしがどんなだったかわかる。貧乏だったが一応サクソン貴族も存続は許されていた。ユダヤ人たちが虐められていたのも分かる。閉鎖社会がグローバル化する過程においては、いろいろ摩擦も生じる。しかし時間が経つにつれ、人々は現実対応で折り合いを見つけ出してゆく。

2012年10月2日火曜日

10/2 Today リットン調査団報告書発表(1932)

満州をめぐる紛争を調査するため国際連盟から派遣されたリットン調査団が最終報告書を発表した日:
リットン調査団 - Wikipedia :"調査団はまっすぐ満洲入りするのではなく、日本、中華民国(上海南京北京)の視察も行っている。日本では荒木陸相、中華民国では蒋介石汪兆銘張学良、満洲国では当時「執政」の座にあった溥儀と会談している。さらに満洲で抗日活動を続ける馬占山将軍との会見も試みたが、日本側の反対に会い実現できなかった。調査団の視察は1932年6月に完了。8月より北京で調査報告書の作成を開始し、10月2日、報告書を公表した。"


報告書の内容は、日本の満州における権益を維持するものであり、 実質的に日本には損のない内容。ところが「満州国」が認められなかったことで日本はこれに反発し、国際連盟を脱退。その後の展開は皆の知るところ。「名を捨て実を取る」と言うことを知らなかった。

硬直的な官僚的思考および国民の「空気」とやらに流され、健全な常識を失うと、常にこういうことになる。

2012年10月1日月曜日

10/1 Today 東海道新幹線の開通(1964)

日本人があれだけ誇りを持てた時はあまりなかったのではなかろうか。世の中、高度成長期の真っ直中、東京オリンピックも開催される、それに合わせていよいよ世界最初の新幹線が開通した。

東海道新幹線 - Wikipedia: 世界初、日本初の高速鉄道であり、日本国内の新幹線としては最古の歴史を持つ。
輸送力が限界に達していた東海道本線の混雑を解消するため、根本的対策としての別線増設という形で1959年(昭和34年)4月20日に十河信二国鉄総裁と技師長の島秀雄の下、高速化が図れる標準軌新線[1]として着工され、東京オリンピック開会直前の1964年(昭和39年)10月1日に開業した[2]。

 新幹線は世の中を確実に変化させた。なによりもみんな勤勉に働くようになった。なにせ以前は東京・大阪間の出張は一泊するが前提であったのに、新幹線のおかげで日帰りすら可能になったのだから。「昔は仕事を適当に済ませてから帰りを気にせず宿の近くの呑み屋に飲みに行くのが楽しみだったのに新幹線のおかげで出来なくなってしまった」とぼやく輩もいたが、そんな声はもちろん無視された。みんな希望に満ちていた。

安倍新自民党総裁は「若者が誇りを持てる日本にしたい」とのことらしいが、そのためには気持ちが悪い「美しい国」などやらにするよりは、なによりも経済発展と技術革新が可能な国にするべきである。「清貧趣味」は年寄りだけで十分だ。

2012年9月24日月曜日

チャドクガ退治

サザンカにチャドクガが発生しているのを発見。この数年は大丈夫だったものだが、今頃急に出てきた。大嫌いな害虫。効かぬ体だが、なんとか退治する:

  1. スミチオン500倍水溶液5リットルを用意。普通は1000倍希釈で良いのだが、今回は強烈版にしてやった。
  2. 防護服。帽子、ゴーグル、手袋、長袖長ズボン、靴下に靴。
  3. 火箸〔タング〕、剪定バサミ、ビニールゴミ袋〔90リットル〕を準備。
  4. 薬剤散布、あまり一カ所に集中してかけると、チャドクガがぽたぽた地面に落ちてしまうので後の回収がやっかい。敵が枝葉に着いたまま死ぬように散布量を加減する。
  5. 散布が終わると、枝の剪定。枝が揺れないように細心の注意を払うこと。枝が揺れると死んだチャドクガが毒粉をまき散らす。火箸〔タング〕で枝を掴み、その下を剪定バサミでそっと剪る。剪った枝はチャドクガごとゴミ袋に回収。
  6. 地面に落ちたチャドクガの死骸も一つ一つ火箸で回収しゴミ袋に。
  7. ゴミ袋を密閉する。おしまい。
サザンカは無惨にもほとんど丸坊主になってしまった。でもチャドクガを退治出来てよかった。〔目黒区では一般家庭の害虫でも、チャドクガに限っては区で駆除してくれるらしい。でも新宿区はビンボーなのでやってくれない〕

むかし余丁町に住んだ永井荷風もツバキに集るチャドクガには苦労した。「園丁すら近づこうとせず」と散々文句をいいながら、手燭ロウソクで一つ一つ焼き殺したとのこと〔『断腸亭日乗』)。現代は化学の進歩で農薬があるから便利。「無農薬園芸」などアホなことに拘る人はどうぞロウソクでチャドクガ退治をしてくだされ。おいらはゴメン。

2012年9月23日日曜日

9/23 Today アルゼンティンのポピュリスト独裁者ペロンが大統領に復帰(1973)

フアン・ペロン - Wikipedia: フアン・ドミンゴ・ペロン(Juan Domingo Per�n、1895年10月8日 - 1974年7月1日)は、アルゼンチンの軍人、政治家、大統領。
大統領に3回当選したが、独裁者と呼ばれたこともあり、アルゼンチン国内でもその評価は分かれる。ペロンの支援者「ペロニスタ」が母体となった正義党は、現在でも同国内で大きな影響力を持っている。
当時アルゼンティンでこのペロンの復帰を現場で見たが、国民大衆は熱狂的に盛り上がっていた。ペロンの第一回大統領政権期のバラマキのおかげで、豊かであったアルゼンチン経済は衰退し、国力はすっかり落ち目になってしまったわけではあるが、バラマキの受益者であった組織労働者たちは、そんなことには気をかけない〔気づきもしない〕。「夢よ、もう一度」というやつ。

大衆は経済が落ち目になると「ナショナリスト・ウヨ」に大変身する。これはアルゼンティンに限ったことではない。

2012年8月9日木曜日

8/9 Today 明治政府が「断髪令」を布告 (1871)

Wikipedia では:
散髪脱刀令 - Wikipedia: 散髪脱刀令(さんぱつだっとうれい)とは、明治4年8月9日(1871年9月23日)に明治政府によって出された太政官布告。一般には、断髪令(だんぱつれい)という名称で呼ばれる。
かなりルーズな規定で、守って守らなくっても、特に罰せられなかったようだ。同年米国に向けて出発した岩倉使節団の岩倉具視も出発時は丁髷をしていた〔その後シカゴで断髪)。Before / After の写真をお楽しみ請う:

Before :


After :

それでも陋習に固執する国民の反発は大きく、こんな事件も:

明治6年3月敦賀県(現在の福井県嶺南)で、断髪令に反対する3万人が散髪・洋装の撤廃を要求した一揆が発生し、6人が騒乱罪死刑となっている明治6年3月20日 東京日日新聞)

いつの時代も、人々の風俗習慣を〔たとえそれが悪習陋習であったとしても〕変えさせることは、とてもむつかしいのである。

2012年8月4日土曜日

サルスベリが咲いた!

10年以上前、サミットストアで小さな苗木で買ってきて植えたものだが、日当たりが悪くずっと花を咲かせなかった。去年、思い切って周りの樹を強剪定したのが功を奏したのか、ようやく花を咲かせてサルスベリらしくなった。ジイサンはうれしい。



きょう8月4日はビヤホールの日、銀座ライオンの生ビールが半額に!

こういうことらしいです:
8月4日はビヤホールの日:
 1899(明治32年)8月4日 日本初のビヤホールが誕生:
モダンな造りで大盛日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」は、銀座の新橋際(京橋区南金六町五番地 現銀座八丁目)にオープンしました。規模は35坪、入口から向かって左側にカウンターを設け、床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールの樽材でつくられ、また酒器はガラス製のジョッキで、当時としては極めてモダンな店でした。設計は工学博士である建築家の妻木頼黄氏に依頼し、奇抜な設計にしてもらった、と記録が残っています。
このビヤホールは、2階建ての煉瓦造りの建物の2階を間借りして開店したにも関わらず、当時有名だった小林習古画伯の壁画を飾るなどとても豪華な造りをした店舗だったため非常に繁盛しました。1日の来客数は平均800人に達しました。遠方から馬車でやってくる人もいたそうです。なお、当時はビール500mlが10銭で販売されていました。当時は、もりそば1枚、コーヒー1杯が1~2銭、食パンが5~6銭程度でした。

で、銀座ライオンではそれを記念して「生ビール半額」などの大キャンペーンを:


呑める人は行かねばなりませぬ。

蛇足:日本のビールが高い理由がわかりました。発売当初から「舶来でモダンな高級飲料」というイメージで(盛りそばの5倍から10倍の値段で)売り出したので、それが続いているんですね。一方海外では水の替わりにビールという意味合いが強く安い値段でないと売れなかった、と言うことでしょうか。

2012年7月29日日曜日

もうかる農業へJAに頼らない 新規参入企業の挑戦:日本経済新聞

でも日本ではその「高コスト」は制度的に消費者に転嫁されるので、JAとしては〔その「対消費者転嫁制度」をきっちり守ることに尽力しているとの自負があるから〕農業者に資機材を高く売り付けても罪の意識はないのであろう:
もうかる農業へJAに頼らない 新規参入企業の挑戦  :日本経済新聞: 「儲からない」と言われて久しい国内農業。その一因とされるのが青果卸売価格の3割超を占める生産コストの高さだ。なかでも農家が農業協同組合(JA)を通じて買う農機具や資材が、費用を高止まりさせていると指摘されてきた。JAに頼らない、もうかる農業へ。規制緩和で農業に新規参入した企業たちが主役となって新たな挑戦が始まっている。

日経記事:若者宿といじめ 司馬遼太郎が強い関心 山折哲雄

これなかなかいい分析だと思う。「イジメ」の根源は薩摩の若者宿制度にあるという。すぐれたニッポン文化論だ。

  若者宿といじめ 司馬遼太郎が強い関心 山折哲雄

2012年7月28日土曜日

2012年7月27日金曜日

Apple MobileMe 閉鎖で Visitor 数激減!

PV なんかを気にしなくなってから久しいけれど、6月いっぱいで昔のホームページが閉鎖になってしまった。当然サイトデータに変化があっただろうなと思って今日 Sitemeter を見てみると、やっぱり!

まあ当たり前と言えば当たり前だけれど、古いページでも検索エンジンから見に来てくれる人がこれだけ多かったとは。今さらながら、Apple は、ニクタラシイ!


「ニホンウナギを守ろう!」/塚本勝巳(海洋生命科学者)、だって

“世界的ウナギ博士”からの提言 「ニホンウナギを守ろう!」/塚本勝巳(海洋生命科学者) (PHP Biz Online 衆知) - Yahoo!ニュース

「大衆ナショナリズム」と「エコおばさん環境純粋主義」と「美しい伝統食へのこだわり」と「研究者のメシのタネ確保本能」の奇妙な融合。おいら関西の(しかもビンボー人の)家庭で育ったから、ウナギなんて東京に来るまで食ったことがなかったよ。ホント。

今日の写真 - 男性と象形文字、スーダン(拡大写真) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

なんか神秘的な気分になる写真。文明の起源を考えさせられる:

今日の写真 - 男性と象形文字、スーダン(拡大写真) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト:



 男性と象形文字、スーダン
Photograph by Randy Olson
スーダン北部、エル・クッル遺跡にある古代墓地の内部で、象形文字に光を当てるスーダン人男性(2003年撮影)。この国には、かつて北隣のエジプト全土を支配したヌビア王朝の遺跡が数多く残る。現在は数十年にわたる内戦や民族紛争、宗教対立で混乱し、困難な政治状況が続く。

2012年6月17日日曜日

Letter from Yochomachi: ラベルごとの記事 INDEX

Letter from Yochomachi: ラベルごとの記事 INDEX

クリボウ先生に教えてもらった! 自動更新される。リンクをサイドバーに入れておきますので、適宜ご活用下さい。たくさんあるからちょっと重いけれど、ちゃんと出てきます〔2006年ぐらいまでは〕。また全記事一覧に加え特定のテーマに絞っても一覧を見られるようにしておきました〔特定テーマに絞ると全記事が表示されるようです〕。

導入方法。詳しくここに書いてあります:
クリボウのプログラミングひとりごと: Blogger でサイトマップを表示するツールを、投稿が 500 件以上あるブログにも対応させてみた:
クリボウ先生に感謝。先達はあらまほしけれ!

2012年6月12日火曜日

フリーダ・カロとトロツキーのお宝映像

旧HPを整理していたらお宝映像が見つかった。レーニンとの政争に敗れメキシコに亡命し暗殺者を恐れて鬱々とした余生を過ごしていたトロツキーと当時の若手人気女性画家カーロがにこやかに談笑している動画。フリーダ・カーロの誘惑ポーズが見もの。晩年のトロツキーにもいい時間があったのだ。

video

NHK新日曜美術館より拝借。QuickTime 動画は Blogger と相性が悪いのか少しずれているが、フル画面にして見ると問題なく見られる。

2012年6月3日日曜日

Soros Remarks at the Festival of Economics in Trento, Italy

Dear Friends and Colleagues:
I thought you might be interested in the speech below that George delivered at the Festival of Economics in Trento, Italy this afternoon. I'd call your attention in particular to the final passages where he discusses the current state of the European crisis.
All best,
Michael Vachon

2012年5月30日水曜日

新藤兼人氏は永井荷風について衝撃の新事実を発表したのだ(荷風の浅草での最後の食事)

新藤兼人氏がお亡くなりになった。享年100。「裸の島」などの映画史に残る映画を数多く作られたが、同氏が永井荷風の研究家であったことはそれほど知られてはいない。本日の新聞追悼記事を読んでみてもそれに触れているところはなかったようだ。同氏は永井荷風の伝記映画も作成されたほど荷風がお好きだったようで、他にも荷風についての研究報告がたくさんある。なかでも永井荷風が浅草で食べた最後の食事はどこであったのかについては、今までの定説を覆す新しい新事実を発見され、大いに話題になったものである。これについて小生の10年ほど前の文章をご紹介する:
荷風塾 No10 : ところがこの定説に疑問を提起する事件が起こりました。実に映画監督の大御所新藤兼人が平成4年になって発表したものですが、荷風が浅草で最後に食事をしたのは「アリゾナ」ではなく蕎麦屋の「尾張屋本店」ではなかったかという疑問です(『老人読書日記』にも書かれています)。当時荷風を追いかけ回していたアマチュア写真家井沢昭彦氏や尾張屋の女主人の証言にとても現実感があり、荷風ファンの間に大きな衝撃を与えました。それを読んだ荷風研究家の松本哉氏はさっそく写真家の井沢昭彦氏や尾張屋の女主人に会われ、荷風が死ぬ一ヶ月ぐらい前に尾張屋でかしわ南蛮を食べてトイレでしりもちをついたとの重要証言を確認され、(新藤兼人氏は)「アリゾナを必ずしも無視しているわけではないが、尾張屋のトイレに何か真実の匂いを嗅ぎつけているのである」と新藤兼人説を支持されているのです(『永井荷風のひとり暮らし』)。
アリゾナとは http://www.guidenet.jp/shop/226o/ に書いてあるように有名店。今でも週末ともなれば丸い眼鏡をかけた荷風ファンで賑わう。尾張屋本店も有名。荷風が蕎麦〔かしわ南蛮〕を食っている写真も掲げてある。別にどちらが「最後の晩餐」の舞台となったかについて競い合ってるわけでもないが、荷風ファンとしては気になるところである。でも、昭和34年の出来事であり、今となっては真相は分からない。

それで小生としては上記で引用した文章の後半〔リンク先〕で「おいらの新説」としてどちらの顔も立つような仮説を立ててみた:
荷風塾 No10 : 荷風はもっと早く朝昼兼の食事をとっていたのではなかったか? 樋口修吉は、荷風がアリゾナに顔を出すのは毎日11時半頃、時には11時前にやってきたという証言を得ています。アリゾナには昼前、尾張屋には昼過ぎと言うことなのです。荷風は食堂のハシゴをしていたのだ!
これで今までのすべてのお互いに矛盾する証言はすべて合理的に説明が付くのである。今でもこれが正しいのではないかと愚考しているのだが、請うご批判。

2012年5月19日土曜日

近所の小道



河田町を抜けて余丁町に登る坂。今はほとんど通る人はいない。でも江戸切り絵図にはちゃんとこれが載ってるんですな〜。この辺の人は物持ちが良いというか、進歩がないというか……。

ちなみに、余丁町に登る坂としてはこの坂が一番緩やかなので、おいらは愛用している。

2012年5月14日月曜日

住吉町交差点のハンカチノキらしきものを観察に……

以前、碩学のアクさんから「曙橋(住吉町)の交差点に珍しい街路樹がある、ハンカチノキかもしれない」との情報をいただいていた。あれやこれやで遅れてしまいましたが昨日坂道を下りて見に行きました。この交差点の植樹のことですね:

ふぬふぬ、外周に植え込んだばかりの幼木がそうらしい。ハンカチノキは以前小石川植物園で一度拝見しただけ。さっそく近くで見てみよう。確かに葉っぱの裏側はしろっぽいし、それらしい。強風の中 iPhone で写真を撮った、これ:


しかし……

家に帰ってブログで報告しようと写真を取り出してよく見れば、後ろの方にかすかに表示板が写っていた。なんと「ハナミズキ」と読めるではないか。

と言うことでハンカチノキではなかったみたいです。ハナミズキとは Dogwood と言って、アメリカからサクラのお返しに日本に送られた「アメリカハナミズキ」が東京では一般的みたい。葉が落ちても美しい。東京都は尖閣を買うような無駄遣いをする癖に(……むしろそれだから)お金がないのでハンカチノキみたいな高価な街路樹を植えるわけはなかったのでありました。

2012年4月27日金曜日

iPhone がレトロな回転式多胴カメラになる!

レトロ感がなんとも言えない。欲しくなってしまうけど、ここはガマンのしどころ。

Tweet from @mao3mao3 これでiPhone 4Sが本格デジカメに! ガジェット感がたまらない後付けレンズ「The iPhone Lens Dial」 « GQ JAPAN http://t.co/vbX55fmE 「アメリカで248ドルで販売されており、送料はかかるが日本にも配送してくれる」

http://twitter.com/#!/mao3mao3/status/195790290638995456

Sent from Echofon - http://www.echofon.com/


iPhoneから送信

2012年2月1日水曜日

『パイプのけむり』〔團伊玖磨〕Index

團伊玖磨『パイプのけむり』の索引です。未完成ですが、iDIsk から Google Drive に移しました:

パイプのけむり INDEX 〔閲覧用)

パイプのけむり INDEX (CloudMe DL) 〔ダウンロード用〕