2012年7月29日日曜日

もうかる農業へJAに頼らない 新規参入企業の挑戦:日本経済新聞

でも日本ではその「高コスト」は制度的に消費者に転嫁されるので、JAとしては〔その「対消費者転嫁制度」をきっちり守ることに尽力しているとの自負があるから〕農業者に資機材を高く売り付けても罪の意識はないのであろう:
もうかる農業へJAに頼らない 新規参入企業の挑戦  :日本経済新聞: 「儲からない」と言われて久しい国内農業。その一因とされるのが青果卸売価格の3割超を占める生産コストの高さだ。なかでも農家が農業協同組合(JA)を通じて買う農機具や資材が、費用を高止まりさせていると指摘されてきた。JAに頼らない、もうかる農業へ。規制緩和で農業に新規参入した企業たちが主役となって新たな挑戦が始まっている。

日経記事:若者宿といじめ 司馬遼太郎が強い関心 山折哲雄

これなかなかいい分析だと思う。「イジメ」の根源は薩摩の若者宿制度にあるという。すぐれたニッポン文化論だ。

  若者宿といじめ 司馬遼太郎が強い関心 山折哲雄

2012年7月28日土曜日

2012年7月27日金曜日

Apple MobileMe 閉鎖で Visitor 数激減!

PV なんかを気にしなくなってから久しいけれど、6月いっぱいで昔のホームページが閉鎖になってしまった。当然サイトデータに変化があっただろうなと思って今日 Sitemeter を見てみると、やっぱり!

まあ当たり前と言えば当たり前だけれど、古いページでも検索エンジンから見に来てくれる人がこれだけ多かったとは。今さらながら、Apple は、ニクタラシイ!


「ニホンウナギを守ろう!」/塚本勝巳(海洋生命科学者)、だって

“世界的ウナギ博士”からの提言 「ニホンウナギを守ろう!」/塚本勝巳(海洋生命科学者) (PHP Biz Online 衆知) - Yahoo!ニュース

「大衆ナショナリズム」と「エコおばさん環境純粋主義」と「美しい伝統食へのこだわり」と「研究者のメシのタネ確保本能」の奇妙な融合。おいら関西の(しかもビンボー人の)家庭で育ったから、ウナギなんて東京に来るまで食ったことがなかったよ。ホント。

今日の写真 - 男性と象形文字、スーダン(拡大写真) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

なんか神秘的な気分になる写真。文明の起源を考えさせられる:

今日の写真 - 男性と象形文字、スーダン(拡大写真) - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト:



 男性と象形文字、スーダン
Photograph by Randy Olson
スーダン北部、エル・クッル遺跡にある古代墓地の内部で、象形文字に光を当てるスーダン人男性(2003年撮影)。この国には、かつて北隣のエジプト全土を支配したヌビア王朝の遺跡が数多く残る。現在は数十年にわたる内戦や民族紛争、宗教対立で混乱し、困難な政治状況が続く。