2013年7月8日月曜日

ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー』読んだ!

目からウロコ。ホモサピエンスは本質的に合理的な判断なんか出来ないことが多いのだ! この新理論でいままで説明が付かなかった多くの社会現象がみごとに説明できてしまう! 著者〔カーネマン〕はこれでノーベル経済学賞を受賞。人間は全体では必ず合理的な判断をする生き物であるというアダム・スミス以来の「経済学」とはいったい何だったんだろうね? 世の中理屈通りには動かないと「うちのおばあさん」がいっていたことがやっぱり正しかったということ。裨益するところ多大。 

それでも分からないことがひとつ。こんな「アホ」なホモサピエンスがどうしていままで生存し続けてきたのだろうかと言うこと。きっと他の動物がもっとアホだったからに相違ない。


ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか? ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?

1 件のコメント:

橋本尚幸 さんのコメント...

でも人間は合理的でないところがいいのかも知れない。「2001年宇宙の旅」のコンピュータ HALL は「このミッションを感情的な人間に任せておけば失敗する」と「合理的に」判断し乗組員を殺す決断をしてしまうのだ。人間は合理的でないからこそ文化が発展し芸術が生まれる。