2013年10月14日月曜日

ハインリッヒ・シュリーマン『シュリーマン旅行記 清国・日本』(La Chine et le Japon au temps présent)

トロイの発掘で知られるシュリーマンだが、トロイ発掘を思い立つ前に日本にもやって来たことは案外知られていない。ロシア貿易(クリミヤ戦争での武器密輸など)で巨万の富を築いたシュリーマンは19世紀半ば一度行ってみたかった清国と日本を見物するためはるばる極東までやってくるのだ。時は1865年6月。鳥羽伏見の戦いに先立つこと3年の幕末動乱期。シュリーマンの日本滞在はわずか1ヶ月ほどだったが、鋭い偏見のない観察眼でシュリーマンは日本について多くのことを学ぶ。それをフランス語で書き表したのがシュリーマンの処女作となるこの本であるが、日本の「本質」を見抜くすぐれた分析となっている。その国のことを理解するのに必ずしも長くその国に住む必要はない。これは短期間のアメリカ滞在だけで不滅の名著『アメリカの民主政治』を書き表したトクヴィルの例を挙げるまでもない。ビジネスマンならではの具体的な観察にも富む。面白かったです。二三印象に残ったこと(順不同):

  1. 日本の清潔さにシュリーマンは大いに感動している。不潔で有名だった当時の清国に先に訪問していたから特に印象深かったのかも知れないが、日本人は労働者でも毎日入浴しきっちり整理整頓するとべた褒め。
  2. 日本家屋の簡素な美しさにも感動している。特に家具がほとんど無い簡素な生活ぶりについては『家の中に家具をゴテゴテ揃える我々西欧人は世間体を気にしすぎているのではないか』と自分たちの生活習慣を反省しているぐらい。
  3. 日本人の律儀さと規律。シュリーマンの江戸での行動には幕府から護衛(下級武士)が10人ほど付いてくるのであるが、彼らはお礼とか贈り物を一切受け取らない。横浜税関の役人も賄賂は断固として拒絶する。役所での仕事ぶりもきわめてきっちりしていると感心している。
  4. 物価。労働者の手間賃や工芸品や書籍はきわめて安いと驚いている。その一方で昼メシ代に15フラン(現在価値で1万5千円ぐらい)を請求され、ちょっと不満気味。幕府の案内役としては外国人を一杯メシ屋なぞに連れて行くわけにも行かず料亭みたいなところに連れて行ったのであろうが(ちゃんと本人にカネを払わせメシ屋に領収書を出させるなど、まことにきっちりしているが)日本の料亭で出される料理の実質価値と名目価格の比率(費用・効果比)は今も昔も同じなのであるなあと、今度はおいらが感心。また古美術屋の陶磁器の値段には驚倒している。
  5. 日本の自然と江戸の都市景観の美しさに感動している。何処でも樹木が一杯で公園の中に都市があるようだと、またどの民家にも小さな庭があり植栽が美しいと感動。まあ、当時の江戸の人口は250万人、全国人口は3000万人程度。これなら自然と共存できるわけだ。
  6. 売春婦(花魁、芸者)の社会的地位の高さに驚いている。これは文化の違いか。
  7. 当時の国内政治動向について、シュリーマンは「イナカの有力大名たちが、財力にものを言わせ、自分たちの既得権益を守るため、外国人嫌いの庶民を扇動し、保守的な朝廷勢力を担ぎ出し、開国文明開化に積極的な江戸幕府を追い詰めている」と分析。妥当な見方だろう。
  8. 面白いことにシュリーマンは貨幣交換比率について幕府に文句を言っていること。当時の日本では、金(小判)と銀(一分銀)の価値比率が国際基準と違っていた。一分銀が名目だけの価値しかない定位貨幣(補助貨幣)であったためだが、一分銀3枚=一ドルという平価をアメリカと約束したため大量の小判国外流出を招くことになる。幕府は急遽貿易用の小判と一分銀の改鋳を行いそれを防止したが今度は西欧諸国が条約違反だと文句を言い出し結局元に戻した(と歴史の教科書には書いてある)。外国人にとってめでたしめでたしの筈だったが、シュリーマンによるとこの特権は在日外国大使館・領事館の公務員にのみ適用され一般外国人には適用されなかったようだ(それで儲け損なったシュリーマンは文句を言っている)。ハリスやオールコックなぞはこれで個人的に大儲けしたはず。これは自分たちだけ特権を貰って後は『お目こぼし』という意味で一種の収賄に当たるのではないかと思う。古今東西、役人というものは(江戸幕府の真面目な下級役人をのぞき)どうしようもないな。

シュリーマンは商店の見習いから身を起こし、国際貿易で巨額の財を築いたビジネスマン。学校にも行ってないので独学で勉強した。巨万の富を稼ぐやいなやビジネスからは引退し自分の好きなことをはじめる。諸国漫遊の旅を続けるうちにトロイの発掘を思い立ったようだ(トロイ発掘は小さい頃からの夢でそのために仕事を辞めたというのはウソ)。当時の冒険商人特有の押しの強さもあり、遺跡発掘でも列強の圧力を利用してかなり強引なことをやった。そのため現代のインテリには今ひとつ評判がよくない人ではあるが、彼なんかにこそブローデル流の資本主義の精神を見ることが出来るとは、言い過ぎか。


シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))

2013年10月13日日曜日

フェルナン・ブローデル『物質文明・経済・資本主義 15 - 18世紀 日常性の構造、交換のはたらき、世界時間』(全6冊)

この1ヶ月、ブローデル三昧だった。この本はフランス歴史学アナル(年報)学派の巨頭が25年の歳月をかけて書き上げた彼の代表作。膨大で、詳細で、具体的で、箴言にあふれる。圧縮された文体は難解。普通の本を読むのに較べ時間は3倍以上掛かるが、でもとにかく面白いのである。知らなかったこと、あっと驚くことがいっぱい。自分が如何に無知で既成の『イデオロギー』の奴隷と化していたのか、マルクス、スミス、ウェーバーなどのえらい経済学者と言われる人たちも如何に皮相的で一面的であったのかなどなど、嫌と言うほど覚らせてくれる。「国際政治を勉強するための必読書は『トゥキュディーデス(ツキジデス)』。歴史を勉強するための必読書はブローデル」と言われる。加えて経済を勉強するためにもこの本は必読書だと付け加えたい。資本主義の本質がこれほどわかるものはない。

ここでこの本の内容を解説紹介するつもりはない(どれだけ理解できたかもよくわかっていない僕には無理である)。ブローデルの解説書はいろいろあるので、そっちの方が役に立つだろう。しかし、おいらなりの下世話な表現で「資本主義」というもののブローデル的解釈を整理すると以下のようなものだ:

  1. 資本主義とは、巷に言われるように、19世紀にあって急に出現したものではない。中世のイタリアでは華麗な資本主義が花開いていたし、更にもっと古くまで遡ることが出来る。資本主義は、時代時代の状況(重合的循環)に応じて其の形を変え、活動分野の変化させながらどんどん成長してきたものだ(長期的持続)。
  2. 資本主義と市場主義とは異なる概念である。資本主義はむしろ反市場的で、独占を好み、国家権力と結びつき、地道な経済活動よりは利益率が高い投機的取引を好む。資本主義はむしろ曖昧な定義であるところの『重商主義』に似ている。資本主義は経済社会の上層部による活動であり、市場主義が支配する通常の市場取引はまじめで専門性の高い中層階級がその活動を担う。さらにその下には資本主義とは全く無縁な膨大な数の下層大衆が存在する。資本主義は自分が属する社会内部ではもちろん、しかし主に周辺地域から可能な限り搾取する。国内取引が規制されがちであるのに較べ、遠隔地との取引は遙かに自由度が高いので(すなわち利益率が高く大きな搾取が出来るので)原始資本の蓄積はもっぱらここから搾取して築く(植民地香辛料貿易、奴隷貿易など)。
  3. 資本主義は長年に渡る私有財産の継承(世襲)を前提とする。最高権力者が資産保有者を胡散臭い存在と敵視しことあれば私有財産を没収したり、公平に選抜された高級役人による蓄財も「一代限り」であった中国(科挙制度)やトルコ(封土制)の大帝国などでは、資本の存在にも拘わらず資本主義は発展しなかった。
  4. 資本主義には都市が決定的な条件となる。農村周辺部には資本主義は生まれない。世界=経済(経済圏)の中心はあくまでも都市。それも一極に集中する。中心都市は一つしか存続できない。都市間競争に敗れると世界=経済(経済圏)の中心地はそこから離れる。都市の周辺部および世界=経済(経済圏)の周辺部は必然的に窮乏する。ただしその都市が世界制覇に成功する場合、その特定都市が属する地域(国家)は、更に外側の周辺国家を搾取することで、国民全体が覇権的資本主義の恩恵を被り豊かになる。資本主義世界では自国の資本主義が強くなければ国民は貧しくなる。
  5. こういう(不道徳な)資本主義は生き延びられるのか。将来とも、多少変化することはあり得ても、基本的に生き残る。資本主義とは経済的活動と言うよりは、社会の階層に根ざした社会的な現象であるからだ。

まあこういうことか。たいへんな大部であり、6冊全部を読むに当たってはブローデル自身の自本解説講演録(これは日本語でも文庫本で出版されている。『歴史入門 (中公文庫)』と言う陳腐なタイトルで)を読んでからの方がいいかも知れない。

この本からはいろいろの教訓と政策示唆を引き出すことが出来る。EU形成なんかもブローデルに影響されたのではないか。EUという世界=経済の中心地にうまく潜り込んでしまったフランスなどは、国民はバカンスで遊んでばかりで働いているようには見えないけれど、周辺外縁諸国から搾取することで、豊かな生活を享受している。中国もフランス帰りの鄧小平の改革開放路線以来、資本主義の国家育成に向けてまっしぐらだ。日本も(ちなみにブローデルは世界で資本主義が内因的に生まれたのは西欧諸国と日本だけだと日本を高く評価しているが)考えないといけないな。米国の世界覇権体制にうまく潜り込むことが賢いやり方なのだが、もたもたしているうちにタイミングを逸した感じがある。国内的にも資本主義の「角を矯めすぎて牛を殺してしまった」感もある。

おまけ:読みながら twitter で抜き書きをしてみた。後半部分だけだがブローデル関係のおいらの抜き書きカードは以下の通り:
twilog "kafusanjin" 『ブローデルの検索結果』

日常性の構造1 物質文明・経済・資本主義―15-18世紀
物質文明・経済・資本主義―15-18世紀 (I-2 日常性の構造2)
交換のはたらき (物質文明・経済・資本主義15-18世紀)
交換のはたらき (物質文明・経済・資本主義15‐18世紀)
物質文明・経済・資本主義―15-18世紀 (3-1)
世界時間〈2〉物質文明・経済・資本主義 15‐18世紀(3‐2)